スキルアップはこちら!!▶[click]
スキルアップのページはこちら

WEBサイトの作り方やブログを覚えたい・スキルアップしたい時にオススメが「WordPress(ワードプレス)」の使い方を覚えることです。一緒にスキルアップして、未来を変えましょう!

詳細はこちら

【Googleアナリティクス4】GA4の「平均エンゲージメント時間」と「セッションあたりの平均エンゲージメント時間」の違いとは?

GoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)
この記事は約2分で読めます。

GA4で新しく追加された「ライフサイクル」「エンゲージメント」グラフに「平均エンゲージメント時間」と「セッションあたりの平均エンゲージメント時間」という表示があります。この2つの違いがいまいち分からなかったので…調べてみました。

平均セッション継続時間は、すべてのセッションの継続時間(秒単位)の合計をセッション数で割った値となります。個々のセッションの継続時間は、セッション最後のページでのエンゲージメント ヒットの有無によって算出方法が異なります。

https://support.google.com/analytics/answer/1006253?hl=ja

平均エンゲージメント時間とは?

アプリの場合はフォアグラウンド表示されていた時間の平均値、ウェブサイトの場合はブラウザ上でフォーカス状態にあった時間の平均値。

[GA4] レポート、ディメンション、指標

[GA4] レポート、ディメンション、指標

[GA4] 自動的に収集されるイベント

セッションあたりの平均エンゲージメント時間とは?

各セッションにおいて、アプリの場合はフォアグラウンド表示されていた時間の平均値、ウェブサイトの場合はブラウザ上でフォーカス状態にあった時間の平均値。

https://support.google.com/analytics/answer/9143382?hl=ja#zippy=%2C%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E7%B6%AD%E6%8C%81%2C%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88

「平均エンゲージメント時間」の方が「セッションあたりの平均エンゲージメント時間」よりも長くなる?

ほかのプロパティを見ても、「平均エンゲージメント時間」の方が「セッションあたりの平均エンゲージメント時間」よりも長くなっているようです。

まとめ

結局「平均エンゲージメント時間」と「セッションあたりの平均エンゲージメント時間」の違いは?と聞かれると回答に迷いそうな気がしますが・・・「セッションあたりの」は、その名の通りセッションあたりでエンゲージメントしている時間の平均となりそうです。

GA4になって新しいレポート項目が色々とありますが、項目の定義なども変わっているので、ひとまずはひとつずつ覚えていく・・・という感じになりそうな気がします。

メンター
メンター

まだ自分でも分からない項目が多々ありますが、紐解いていきますのでひとつずつ覚えていきましょう。

メンティー
メンティー

分かりました!!!

ご参考ください😄

タイトルとURLをコピーしました