スキルアップはこちら!!▶[click]
「スキルアップしたい人」だけこちらをクリックしてください

WEBサイトの作り方やブログを覚えたい・スキルアップしたい時にオススメが「WordPress(ワードプレス)」の使い方を覚えることです。一緒にスキルアップして、未来を変えましょう!「スキルアップをしたい」人は先にお進みください!

スキルアップしたい人はこちらをクリック

【Googleアナリティクス】iPhoneからのアクセス数を除外するアプリ|AdFilter

GoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)
この記事は約3分で読めます。

Googleアナリティクスが自分自身のアクセスもカウントされてしまう…

自分の作ったWEBサイトをスマホから確認しようとすると、当然自分自身のアクセスも、アクセス数としてカウントされてしまいます。

Googleアナリティクスを見ると、リアルタイムで計測されています・・・!

アプリ「AdFilter」で除外ができる

そんなときに便利なアプリが「AdFilter」です。

まずはこちらのアプリをインストールします。

‎AdFilter - 広告ブロック
‎**日本向け広告ブロックアプリ** ・お邪魔な広告を簡単除去 ・通信量を削減してページ表示を高速化 ・好きなサイトだけブロックの解除可 ・ブロックルールのカスタム機能を搭載 ◆このアプリについて◆ AdFilter(アドフィルター)はWEBサイトのメインコンテンツではない広告やソーシャルボタンなどの不要な通信を遮断...

アプリをインストールしたら、設定から「Safari」を開きます。

そうすると「コンテンツブロッカー」というメニューがあるので開きます。

「AdFilter」という設定がありますので「ON」にします。

Googleアナリティクスの設定をONにする

次に、「AdFilter」のアプリ上で「高度な設定」を開いて「Googleアナリティクス」を「ON」にします。

サイト別設定でサイトを追加する

「サイト別設定」を開いたら、右上の「+」を押してサイトドメインを追加します。

ドメインを打ち込んで追加します。

追加されました・・・!

アプリで開いているタブをすべて閉じる

まずはiPhone標準のブラウザアプリ「Safari」を開きます。別のブラウザで開いてしまうと除外されませんのでご注意ください。

アプリでブロックする前のタブが開いているとカウントされたままになる可能性があるので、一度「タブをすべて閉じる」からすべてのタブを閉じておきます。

アクセスが除外されました

再度、WEBサイトを開いてみても、計測されていないようでした。どうやらアクセスが除外されているように見えます。

念のため、アプリの設定をOFFにして、再度検証してみました。

リアルタイムに入ってきました・・・!ということは、アプリがアクセス数を除外しているということになりそうです。

まとめ

PCの場合は「オプトアウトアドオン」が有名ですが、スマホ(iPhone)の場合は「AdFilter」が使えそうです。Androidについては、また別の記事でご紹介したいと思います。

ご参考ください😃

タイトルとURLをコピーしました