スキルアップはこちら!!▶[click]
「スキルアップしたい人」だけこちらをクリックしてください

WEBサイトの作り方やブログを覚えたい・スキルアップしたい時にオススメが「WordPress(ワードプレス)」の使い方を覚えることです。一緒にスキルアップして、未来を変えましょう!「スキルアップをしたい」人は先にお進みください!

スキルアップしたい人はこちらをクリック

【GoogleAnalytics3】リンクのクリック数を計測しよう|イベントトラッキングの設定

GoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)
この記事は約2分で読めます。

リンクのクリック数を計測するイベントトラッキング

Google Analyticsはページの読み込みと同時にデータを収集します。

しかし、このままではリンク先を開いた動作やマウスオーバーした場合に、ページの読み込みがされないので計測がされない…

といったことを解決するために「イベントトラッキング」があります。

「イベント」は、ダウンロード、モバイル広告のクリック、ガジェット、Flash の要素、AJAX の埋め込み要素、動画の再生、マウスオーバー、リンクのクリックなどを指します。

イベントトラッキングを設定することで、「クリック」や「マウスオーバー」といったのデータを収集することができます。

[公式]イベント トラッキング

実装方法

イベントヒットは、send コマンドを使用し、hitType に event を指定することで送信できます。event ヒットタイプの場合、send コマンドのシグネチャは次のようになります。

ga(‘send’, ‘event’, [eventCategory], [eventAction], [eventLabel], [eventValue], [fieldsObject]);

例:動画の [再生] ボタン

  • カテゴリ: “Videos”
  • アクション: “Play”
  • ラベル: “Baby’s First Birthday”

例:動画のダウンロード回数

  • カテゴリ: “Videos”
  • アクション: “Downloaded”
  • ラベル: “Gone With the Wind”

まとめ

アクションとラベルはレポートデータに関連する(分かりやすい)名称にしておくことがオススメです。

また、アクション名は全体を通じて同じにしておくと集計または区別がしやすいと思います。

※例えばダウンロードについて”Download”と”Downloaded”が混在すると分かりにくくなってしまうので、”download”に統一する、など。

ご参考ください。

タイトルとURLをコピーしました