スキルアップはこちら!!▶[click]
「スキルアップしたい人」だけこちらをクリックしてください

WEBサイトの作り方やブログを覚えたい・スキルアップしたい時にオススメが「WordPress(ワードプレス)」の使い方を覚えることです。一緒にスキルアップして、未来を変えましょう!「スキルアップをしたい」人は先にお進みください!

スキルアップしたい人はこちらをクリック

【Android Studio】Androidアプリを実機でテストする方法|SDK Manager|Google USB Driver|USBデバックを許可

Apps(アプリ)
この記事は約2分で読めます。

Android Studioで作ったアプリを実機でテストしたい…という場合に、USBを挿してRun(実行)…しようとしても、最初は認識しないので、注意が必要です。

Error running ‘app’;No target device found.

スマホをPCに挿してRun(実行)を押しても

Error running ‘app’;No target device found.

「アプリ」の実行中にエラーが発生しました。ターゲットデバイスが見つかりません。

と表示されて実行されません。

SDK Manager

Tools>SDK Managerを開きます。

Android SDK > SDK Platforms

実機のAndroidと同じバージョンのSDK componentsのインストールが必要です。



Androidバージョンを確認します。

もし該当のバージョンがインストールされていなければ、チェックを入れてインストールしてしまいましょう。

Google USB Driver

続けて、SDK Toolsのタブに切り替えて「Google USB Driver」をインストールします。USBデバッグやスクリーンキャプチャー・画面録画するために必要なドライバーです。

USBデバックを許可

端末情報から「ビルド番号」の部分を7回連続でタップすると

「これでデベロッパーになりました!」と表示されて、デベロッパーモードに突入します。

実行

認識されました!

まとめ

Android Studioで実機で実行するには「SDK components」と「Google USB Driver」のインストール、そして実機側のUSBデバックを「ON」にする必要があります。

ご参考下さい^o^)/

タイトルとURLをコピーしました