会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

【種類株式とは?】普通株式と種類株式(9種類)の違いについて

low angle photo of curtain wall building CompanyAct(会社法)
この記事は約1分で読めます。

株式の権利とは?

種類株式(9種類)について。株式には「普通株式」と別に、「種類株式」という種類があります。

株式を持つと下記の3つの権利を持ちます。

  • 議決権(株主総会に参加して議決に加わる権利)
  • 配当請求権(配当金などの利益分配を受け取る権利)
  • 残余財産分配請求権(会社の資産を分配して受け取る権利)

「議決権」とは、株主総会に参加して議決に加わる権利のことをいいます。

「配当請求権」とは、配当金などの利益分配を受け取る権利のことをいいます。

「残余財産分配請求権」とは、会社の資産を分配して受け取る権利のことをいいます。

種類株式とは?

権利内容が設定された株式」のことを「種類株式」と言います。

権利の内容が異なる2種類以上の株式を発行する場合の株式です。

  • 剰余金の配当
  • 残余財産の分配
  • 議決権制限株式
  • 譲渡制限株式
  • 取得請求権付株式
  • 取得条項付株式
  • 全部取得条項付株式
  • 拒否権付株式

※これらの種類株式を発行しようとする場合には、権利内容やその発行可能総数を定款で定める必要があります。

まとめ

種類株式とは、会社法108条に基づき、株式会社が剰余金の配当その他の権利の内容が異なる2種類以上の株式を発行した場合の各株式です。

ご参考ください😃

タイトルとURLをコピーしました