スキルアップはこちら!!▶[click]
「スキルアップしたい人」だけこちらをクリックしてください

WEBサイトの作り方やブログを覚えたい・スキルアップしたい時にオススメが「WordPress(ワードプレス)」の使い方を覚えることです。一緒にスキルアップして、未来を変えましょう!「スキルアップをしたい」人は先にお進みください!

スキルアップしたい人はこちらをクリック

ABS 関数|数値の絶対値を返します

Excel(エクセル)
この記事は約2分で読めます。

ABS 関数(アブソリュート関数)

数値の絶対値を返します。絶対値とは、数値から符号 (+、-) を除いた数の大きさのことです。

 

例えば 3 の絶対値は 3 であり −3 の絶対値も 3 です。

数の絶対値はその数の0からの距離と見なすことができます。

絶対値について

 

マイナスの符号が無くなる。

 

 

絶対値はどういう時に使うのか・・・?

Q.A君とB君が図のように進んだ場合、二人が進んだ距離の合計は?

2+6=8m

 

Q.A君とB君が図のように進んだ場合、二人が進んだ距離の合計は?

2+-4=-2m

 

この場合(反対方向に進んだ距離をプラスとした場合)、合計は6mとしたい場合には絶対値を用いることになります。

2+(ABS(-4))

=2+46m

 

 

【問題】Aさんは身長160cm、Bさんは身長170cmです。では、二人の身長の差は何センチメートルでしょうか?

160-170=-10

答え:「身長の差はマイナス10cmです」

 

「身長の差は10cmです」という答えにしたい場合。

160-170=ABS(-10)=10

答え:「身長の差は10cmです」

 

絶対値は奥が深いですが、
使うと便利な場面も多々ありますのでぜひ覚えておきましょう!
\(^o^)/

 

参考リンク

タイトルとURLをコピーしました