エグウェブ.JP@オンライン/WEB講座・セミナー・WEB分析

WEB分析・ホームページ・WEBサイト作成・WordPress、Googleアナリティクス、LINEスタンプ、Photshop・illustrator、Excelの講座やオンラインセミナーを開催中!

【EXCEL】複数セルのテキスト連結を一気に行う関数|CONCAT関数|複数範囲のセル結合を、一瞬で。

time 2020/10/10

例えば、行の各セルをすべて連結させた結果列を作りたい・・・という時。そんな時は、アンパサンド記号 (&) または CONCAT 関数を使用して、複数のセルから 1 つのセルにデータを結合することができます。

アンパサンド記号 (&)

&記号を使うと、文字列やセル参照を連結させることができます。

あとは、オートフィルで末尾までコピーすれば完了です。

CONCAT 関数

特定の範囲を一気に連結させる場合は、アンパサンド&で連結するよりも、CONCAT関数を使った方が早いかと思います。

CONCAT(セル・セル範囲)
使用例:
=CONCAT(A:A)
=CONCAT(B:B, C:C)

アンパサンド&で繋ぐ場合は1分ほど掛かりましたが、CONCAT関数の場合は約10秒で終わりました!

列や行を増やす時にも効果を発揮

CONCAT関数は列や行を増やす時に効果を発揮します!

列を挿入

上下を見比べてもらうと、列を追加したときに、アンパサンド (&)の場合はセルをひとつずつ結合しているので追加されませんが、CONCAT関数の場合は挿入した列も範囲として自動的に追加されています!

まとめ

アンパサンド記号 (&)の方が便利な場面もありますが、基本はCONCAT関数の方が早く便利かな?と思います!覚えておくと便利な関数です!

ご参考下さい😃

download(ダウンロード)

プロフィール

EGUWEB

EGUWEB

【皆さまの人生に最良のファーストステップを】WEBサイトを作りたい!WEB分析を学びたいけど分からない。とりあえず色々と知りたい!皆様の悩みを解決できるように頑張ります。 [詳細]

カテゴリー