スキルアップはこちら!!▶[click]

【EXCEL(エクセル)】アドインの分析ツールを使ってみる|基本統計量

Excel(エクセル)
この記事は約2分で読めます。

EXCEL(エクセル)の分析ツールを使うと、簡単に様々な分析を行うことができます。

基本統計量

基本統計量
標本の分布の特徴を代表的に表す統計学上の値であり、統計量の一種。記述統計量、基本統計量、代表値。

基本統計量は、その名の通り「基本の統計量」を算出するために使えるツールです。

開発タブ

まずは、「開発」タブが必要ですので、EXCELのトップ画面から「オプション」を選択します。

開発タブ

「リボンのユーザー設定」から「開発」タブをONにします。

Excelアドイン

開発タブから「Excelアドイン」を選択します。

データ分析ツール

「データ」タブから「データ分析ツール」を選択します。

「基本統計量」を選択します。

範囲に見出しも含めた表を選択します。

統計情報

「統計情報」にチェックを入れてOKを押します。

そうすると、新しいシートに選択した表の「基本統計量」が表示されます!

基本統計量 一覧

  • 平均
  • 標準誤差
  • 中央値 (メジアン)
  • 最頻値 (モード)
  • 標準偏差
  • 分散
  • 尖度
  • 歪度
  • 範囲
  • 最小
  • 最大
  • 合計
  • データの個数

平均(へいきん)

範囲の値の平均値。

標準誤差(ひょうじゅんごさ)

標本から得られる推定量そのもののバラつき(=精度)。

中央値 (メジアン)

範囲の値の中央値

最頻値 (モード)

出現するデータ数が最も多い値

標準偏差(ひょうじゅんへんさ)

母集団(中央値)から得られた個々のデータのばらつき。

分散(ぶんさん)

各数値の偏差を2乗>平均。

尖度(せんど)

分布の尖(とが)り度合い。データが平均付近から散らばっているとマイナスとなります。

歪度(わいど)

分布が正規分布からどれだけ歪んでいるかの度合い。左右対称の分布(正規分布)の場合には0となります。

範囲(はんい)

値の範囲。

最小(さいしょう)

範囲の値の中で一番小さな値。

最大(さいだい)

範囲の値の中で一番大きな値。

合計(ごうけい)

範囲の値の合計。

データの個数

範囲の値の合計個数。

まとめ

基本統計量を使うと、簡単に様々なデータを調べることができます!

ご参考下さい^o^)/

タイトルとURLをコピーしました