Now Loading...

Now Loading...

スキルアップはこちら!!▶[click]
「スキルアップしたい人」だけこちらをクリックしてください

WEBサイトの作り方やブログを覚えたい・スキルアップしたい時にオススメが「WordPress(ワードプレス)」の使い方を覚えることです。一緒にスキルアップして、未来を変えましょう!「スキルアップをしたい」人は先にお進みください!

スキルアップしたい人はこちらをクリック

【Google Apps Script】GMail送信のcc・bccを複数設定する方法

GAS(GoogleAppsScript・グーグルアップススクリプト)
この記事は約2分で読めます。

GmailApp.sendEmail

Gmailで送信を行う方法はこちらです。

GmailApp.sendEmail(mailto, subject, body, option)

GmailApp.sendEmail(
送信先アドレス(to),メールタイトル,メール本文,
{
cc: 送信先アドレス(cc),
bcc: 送信先アドレス(bcc),
from: 送信元アドレス(from),
noReply: false,
replyTo:返信先アドレス(replyTo),
name: 差出人名
})

「{」と「}」の間の値はオプションとなり、自由に追加ができます。

例えば、
GmailApp.sendEmail(
“from@exmple.com”,
“【fromより】テスト送信”,
“これはテストメールです”{
to:to@exmple.com,
cc: cc@exmple.com,
}
)

とすれば、 to@exmple.com宛にメールが届き、ccにcc@exmple.comが入る、ということになります。

cc・bccを複数設定する方法

option部分に「cc:」と入れて、その後、「,」(カンマ)で連結してあげると、まとめてccとして送信できるようになります。

{
cc:’mail-1@gmail.com,mail-2@gmail.com, mail-3@gmail.com ‘
}

これだけです!これでccをまとめて送信できます。

テストしたところ、「,」が語尾に続いても届くようです。

まとめ

ccのリストがある場合は「=D2&”,”&E2&”,”&F2・・・」のような感じで、「,(カンマ)」で連結してあげればOKです!

ちょっとしたワザですが、知っていると使えそうですので、ぜひご参考下さい
\(^o^)/

GoogleAppsScript体験講座

詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました