エグウェブ.JP@オンライン/WEB講座・セミナー・WEB分析

WEB分析・ホームページ・WEBサイト作成・WordPress、Googleアナリティクス、LINEスタンプ、Photshop・illustrator、Excelの講座やオンラインセミナーを開催中!

【Google Apps Script(GAS)】「LINE Messaging API」LINEに自動メッセージ返信させる方法~アクセストークン取得編~

time 2019/10/24

LINE Developers

LINE Messaging APIを使うと、LINE上で提供するボットを作成できます。

https://developers.line.biz/ja/

まずは、LINE Developersにログインをします。

「LINEアカウントでログイン」を選択してログインします。

LINEアカウントでログインをします。

ログインをしたら、「+新規プロバイダー作成」から、プロバイダを作成します。

プロバイダー名を入力して確認を押します。

Messaging APIのチャネル作成をします。

分かりやすいように、アプリアイコン画像を登録しておきます。

チャネル基本設定を下の方に進んでいきます。

そうすると、下の方に「アクセストークン」というメニューがあるので、発行をクリックします。

このアクセストークンを使いますのでコピーしておきます!

次に、webhook送信を「利用する」に切り替えます。

Webhookとは?

アプリケーションの更新情報を他のアプリケーションへリアルタイム提供する仕組みや概念のこと。イベント(リポジトリにプッシュなど)発生時、指定したURLにPOSTリクエストする仕組み。

これで準備は、ほぼOKです!

次回は、このアクセストークンを使ってLINE Official Accountから自動返信させる方法を試したいと思います!
ではまた!(^o^)/

download(ダウンロード)

プロフィール

EGUWEB

EGUWEB

【皆さまの人生に最良のファーストステップを】WEBサイトを作りたい!WEB分析を学びたいけど分からない。とりあえず色々と知りたい!皆様の悩みを解決できるように頑張ります。 [詳細]

カテゴリー