エグウェブ.JP@福岡/WEBセミナー・分析・WEBサイト制作

福岡でWEB分析・ホームページ・WEBサイト作成・WordPress、Googleアナリティクス、LINEスタンプ、Photshop・illustrator、Excelの講座やセミナーを開催

【GoogleAppsScript入門】Googleフォームの項目をAPIで外部からデータを送信してスプレッドシートを更新する方法

time 2019/09/10

Googleフォーム

GoogleフォームはWEBサイトに埋め込みができますが、このUIが変えられなかったり、「送信後にフレームが上の方に縮むため、画面が消えたように見える」といった課題を何とかしたい、という時にGoogleのAPIを使うという方法があります。

送信を押す

上の方に消える

スクリプトエディタ

まずは、スクリプトエディタを開きます。

POSTリクエストを受付

function doGet(e) {
  var json = {
    test1: '結果1',
    test2: '結果2'
  };
  
  var res = ContentService.createTextOutput();
  res = res.setMimeType(ContentService.MimeType.JAVASCRIPT);
  res = res.setContent(JSON.stringify(json));
  
  return res
}

ContentService

ContentServiceを利用すると、ブラウザにテキストを返すことができます。

Class ContentService

createTextOutput()

新しいTextOutputオブジェクトを作成します。

setMimeType

MIME タイプを設定します。

パラメータ

mime

POST データで用いる MIME タイプ。

全員(匿名を含む)

導入

ウェブアプリケーションとして導入

JSON.stringify

JavaScript の値を JSON 文字列に変換します。置き換え関数を指定して値を置き換えたり、置き換え配列を指定して、指定されたプロパティのみを含むようにしたりすることができます。

現在のウェブアプリケーションのURLを開いてみると、データが渡されているのが確認できるかと思います!

まとめ

APIでWEB画面上にデータが渡せました!

次は、Googleフォームへデータを渡す方法を考えてみたいと思います!
\(^o^)/

download

プロフィール

EGUWEB

EGUWEB

【皆さまの人生に最良のファーストステップを】WEBサイトを作りたい!WEB分析を学びたいけど分からない。とりあえず色々と知りたい!皆様の悩みを解決できるように頑張ります。 [詳細]

カテゴリー