お問い合わせ
    氏名

    メールアドレス

    件名

    お問い合わせ内容



    会員登録(無料)
    ログイン
    スキルアップは今すぐこちら!▶

    【Googleシート】ABCDEFG〜のようにアルファベッドの連続データをオートフィルで入力する方法〜CHAR関数|EXCELも可。

    Googleスプレッドシート
    この記事は約2分で読めます。

    Excelでも使えます。Googleスプレッドシートを使って、ABCDEFG〜とアルファベッドの連番をオートフィルして入力する方法です。

    CHAR関数を使えば簡単にできる

    「CHAR関数」を使えば簡単にできます。CHAR関数とは「数値で指定された文字を返す」関数です。

    使い方は簡単で、=char(数値)を入れると、数値に対応した文字が返り値として表示されます。

    CHAR()の結果

    =CHAR(33)
    コンピューターの文字セット内で 33 で表される文字を返します。
    結果:!

    =CHAR(65)
    コンピューターの文字セット内で 65 で表される文字を返します。
    結果:A

    数値が32以下の場合は、文字セットが存在せず(?)返り値は空白になるようです。

    32までは結果が空白になります。

    ここからが本題

    勘の良い皆さまなら既にお気付きかもしれませんが、つまりこのchar関数でオートフィルして、下まで表示させていけば、アルファベッドの連続データが登場する…ということが予測できます(できたあなたは、素晴らしい)。

    ということで、ずらーっと下まで繋げてみます。

    出てきました!65から「A〜」が登場しています。

    アルファベッドの連続データが出てきました!

    row関数を活用する

    ということは、あとは簡単です。

    =CHAR(65)がAなので、「65から開始して1ずつ足していけばよい」ということになります。

    とはいえ、そのまま1足してオートフィルだと、下のオートフィルも同じ値になります。「+1」「+2」「+3」・・・とはならないんですね・・・残念ながら。

    ここは、例えばROW関数を使うことで回避できます。「現在の行番号」を返す関数です。

    連続データになりました!!

    まとめ

    CHAR関数を使うことでアルファベッドの連続データを簡単に入力することができます。ROW関数やCOLUMN関数を使うことで、行列を使ってうまく連続データを作ることができます。

    御参考ください😃

    0 件のコメント

    コメント
    タイトルとURLをコピーしました