会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

【Googleスプレッドシート】表示されている時間(hh:mm)から総稼働時間(勤務時間)を計算する方法

Googleスプレッドシート
この記事は約2分で読めます。

表示されている時間(hh:mm)から勤務時間を計算する方法です。

退勤時間-出勤時間

ということで、退勤時間-出勤時間の引き算をしてみます。

それっぽい結果が出ました。

あれ、終わりですか…?

ちょっと待った…!

続きます。

総稼働時間(勤務時間)は…?

このまま勤務時間を合計しても、総稼働時間(勤務時間)がおかしなことになります。

ためしに、SUMで列を合計してみます。

合計してみます。

よく分からない結果になりました…。

整数値(時間単位)で計算する(時刻*24,0)

1:00=1/(24*60)という式になっているので、こちらに当てはめて求めていきます。

つまり、時間単位で計算したい場合は、24を掛けると求められるということになります。

合計稼働時間=sum(X:X)*24

勤務時間(稼働時間)39.23時間、という結果が出ました…!

整数値(分単位)で計算する(時刻*1440,0)

分単位で出したい場合は、=時刻*(24*60)、つまり=時刻*1440,0を出すことで、整数値(分単位)で結果を求めることが出来ます。

2,354分という結果が出ました!

まとめ

このような感じで、Googleスプレッドシートを使って勤務時間(総稼働時間)を求めることができます。

ご参考ください😃

タイトルとURLをコピーしました