会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

GoogleフォームとGoogleスプレッドシートを組み合わせてタイムカードを作成する-PART2

Googleスプレッドシート
この記事は約2分で読めます。

GoogleスプレッドシートとGoogleフォームを組み合わせてタイムカードを作成する方法PART2です。

前回の続きですね!

さらに進めていきましょう!

Googleフォームを送信する(復習)

前回作成したGoogleフォームを使って内容を送信してみます。

データが連動するようになりました。

さらに作っていきます。

Googleフォームぁれを準備する

まずは、各個人用のカレンダーシートを準備します。シンプルに仕上げています。

この表の「出勤」「退勤」「稼働時間」に、先ほどの送信タイムスタンプからデータを設定していきます。

Googleフォームの結果を別シートに出力する

次にフォームの回答シートを元にデータを別シートに出力します。回答シートをそのまま使用してもどうにかできそうですが、使いやすいように別シートに出力して、整形して使ってみます。

こちらは、いつも使用している「QUERY関数」を使用して回答シートからタイムスタンプを出力します。

=query('フォームの回答'!A2:A,"select A")

これで、フォームの回答シートのA列のA2以下のセルデータが出力されます。

日付部分を出力する

このA列のデータを元に、列にデータを出力します。

日付はTEXT関数を使用することで表示できます。

日付が出力されました!

まとめ

次回は、こちらの次の列データを表示させていきます。

ご参考ください😃

タイトルとURLをコピーしました