会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

GoogleフォームとGoogleスプレッドシートを組み合わせてタイムカードを作成する-PART5

Googleスプレッドシート
この記事は約2分で読めます。

GoogleスプレッドシートとGoogleフォームを組み合わせてタイムカードを作成する方法、今回はPART5です。

前回のさらに続きですね!

さらに続けていきましょう。

出勤時間を算出できた

前回は、下記のような関数を作成して、出勤時間と退勤時間を算出することができました。

=query('日付'!$A$2:$E,"select E where D = '"&text($A4,"yyyy/mm/dd")&"' and B = '"&$B$1&"' and C='"&C$3&"'")

ここから、稼働時間を算出します。

稼働時間を計算する

稼働時間の計算は簡単です。退勤時間から出勤時間をマイナスすることで算出できます。

=D9-C9

結果が表示されました!

表示形式を変える

このままでも結果は出ていますが、時間のシリアル値なので表示形式を変換します。※シリアル値については別の記事で詳しく書いています。

カスタム日付に変換して、秒は不要なので削除します。

時間で表示されました!

条件付き書式でセルを非表示にする

条件付き書式を使って、エラーが表示されているセルを非表示にします。

範囲を選択したら、条件を「カスタム数式」に変更して、下記のように設定します。

=iserror(C4)

これで、エラーが出ているセルは非表示になります。

まとめ

これで、Googleフォームを送信したら、自動的にタイムカードが作成されるシステム(?)が完成しました。

色々と応用が効きそうかと思いますので、ぜひ作成してみてもらえればと思います。

ご参考ください😃

タイトルとURLをコピーしました