エグウェブ.JP@福岡/WEBセミナー・分析・WEBサイト制作

福岡でWEB分析・ホームページ・WEBサイト作成・WordPress、Googleアナリティクス、LINEスタンプ、Photshop・illustrator、Excelの講座やセミナーを開催

【Googleスプレッドシート】Importrange関数の使い方!便利なインポート関数

time 2019/07/06

Googleスプレッドシートで「他のGoogleスプレッドのシートのデータを引っ張ってきて表示したい」というときに役立つのが!!
「Importrange関数」です。

Importrange関数の使い方

=Importrange(“シートキー”,”シート名!範囲”)

スプレッドシートキー – データの読み込み元となるスプレッドシートの URL を指定します。

  • スプレッドシートキーの値は二重引用符で囲むか、適切なテキストを含むセルへの参照にする必要があります。

範囲の文字列 – 読み込む範囲を指定する文字列で、"[シート名!]範囲" の形式で指定します(例: "シート1!A2:B6""A2:B6")。

  • 範囲の文字列シート名の要素は省略可能です。デフォルトでは、IMPORTRANGE 関数は最初のシートの指定範囲から読み込みます。
  • 範囲の文字列の値は二重引用符で囲むか、適切なテキストを含むセルへの参照にする必要があります。

ということで、実際に試してみました!

まずは、セルに

=Importrange()

と入力します。

データを挿入したいスプレッドシートのURLを” “(ダブルクオーテーション)で囲んで入力します。

=Importrange(“別のスプレッドシートのURL”,”シート名!セル(列)名の範囲”)
※ダブルクオーテーションで囲まないと( 未解決のシート名 )エラーになります。

#REF!
「これらのシートをリンクする必要があります」と表示されますので、セルにマウスを合わせて「アクセスを許可」をクリックします。

Importが出来ました!
\(^o^)/

1回使ってみると、とても簡単です!
しかもこの関数、これだけでもかなり便利ですが、応用すると、もっと使えます!

次回はこのImportrange関数の応用を試してみたいと思います!
それではまた(*´ω`)/

download

プロフィール

EGUWEB

EGUWEB

【皆さまの人生に最良のファーストステップを】WEBサイトを作りたい!WEB分析を学びたいけど分からない。とりあえず色々と知りたい!皆様の悩みを解決できるように頑張ります。 [詳細]

カテゴリー