エグウェブ.JP@福岡/WEBセミナー・分析・WEBサイト制作

福岡でWEB分析・ホームページ・WEBサイト作成・WordPress、Googleアナリティクス、LINEスタンプ、Photshop・illustrator、Excelの講座やセミナーを開催

【HTML】古いInternet Explorerの表示をHTML5に対応させる方法|IE=edge

time 2019/09/04

meta要素にIE=edgeを追加

以下を記述することで、IEの最新のレンダリングが適用されます。

content=”IE=edge”

<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">

head内でこの指定をすれば、Internet Explorerを使用している人が、最新バージョンでサイトを表示することができるようになります。

html5.js

本などには下記のような記述で対応できます、と書いてあったりしていましたが・・・

<!–[if lt IE 9]>
<script src=”http://html5shiv.googlecode.com/svn/trunk/html5.js”>
</script>
<![endif]–>

どうやら、googlecode.comさんの「html5.js」、終わってしまった様子です…。 
http://html5shiv.googlecode.com/svn/trunk/html5.js

まとめ

X-UA-Compatible: IE=edge
IEに最新の挙動をさせるために書きます。

IE7や8がまだ存在する可能性がある以上、入れておく必要があるかもしれませんが、それにしても、古いIEのバージョンを利用されている方については、早目にアップデートされることを願います…。どのくらい居るのでしょうか…

ご参考下さい\(^o^)/

download

プロフィール

EGUWEB

EGUWEB

【皆さまの人生に最良のファーストステップを】WEBサイトを作りたい!WEB分析を学びたいけど分からない。とりあえず色々と知りたい!皆様の悩みを解決できるように頑張ります。 [詳細]

カテゴリー