エグウェブ.JP@オンライン/WEBセミナー・分析・WEBサイト制作

WEB分析・ホームページ・WEBサイト作成・WordPress、Googleアナリティクス、LINEスタンプ、Photshop・illustrator、Excelの講座やオンラインセミナーを開催中!

【VSCode】ファイルを編集時にライブプレビューでリアルタイム反映する拡張機能|Live Server

time 2020/04/19

VSCodeで編集をしている時に「なんとかならないかな」のひとつが「HTMLを編集した時にリアルタイムでブラウザの状態を反映させる」かな、と思います。そんな時に便利な拡張機能が「Live Server(ライブサーバー)」です。

Live Server

ファイルを編集して「保存」を押すと、ブラウザ側を更新(リロード)することなく表示が更新される拡張機能です。

インストール方法

まずまメニューのアイコンから「Live Server」を検索します。Live Ser…くらいで候補の一番最初に出てくるかと思います。

インストールします。

Go Live

Live Serverを動かすには「Go Live」をクリックします。

ローカル・ループバック・アドレス(127.0.0.1)のPort:5500が起動して、VSCodeのファイルを保存するだけで、ブラウザ側の表示がリアルタイム更新するようになりました!

Liveモードを止める時は、進入禁止アイコンの横、Port:5500をクリックすれば止まります。

編集側もリアルタイムにしたい

このままでも便利なのですが、このままだと「編集側の上書き保存」のひと手間が掛かります。「Brackets」のライブプレビューのように、編集している最中でもリアルタイムにHTMLファイルとブラウザの画面が変わってほしい…!

という場合は、自動保存の設定をONにします。

Auto Save

off:自動保存しない
afterDelay:下のAutoSaveDelayの時間に操作がなければ保存
onFocusChange:エディターがフォーカスを失うと保存
onWindowChage:ウィンドウがフォーカスを失うと保存

afterDelayに設定してAutoSaveDelayを1にすると、ほぼリアルタイムに編集→ブラウザ反映、の環境が実現できるかと思います。

ご参考下さい^ ^)/

download(ダウンロード)

プロフィール

EGUWEB

EGUWEB

【皆さまの人生に最良のファーストステップを】WEBサイトを作りたい!WEB分析を学びたいけど分からない。とりあえず色々と知りたい!皆様の悩みを解決できるように頑張ります。 [詳細]

カテゴリー