エグウェブ.JP@オンライン/WEB講座・セミナー・WEB分析

WEB分析・ホームページ・WEBサイト作成・WordPress、Googleアナリティクス、LINEスタンプ、Photshop・illustrator、Excelの講座やオンラインセミナーを開催中!

【初めてのホームページ制作入門】FTP接続でWEBサーバーにファイルをアップロードする方法|WinSCP

time 2020/02/07

HTMLファイルを公開

ホームページを世界中に公開するためには、HTMLファイルをレンタルサーバーにアップロードする必要があります。

FTP接続する

レンタルサーバー上にファイルをアップロード際に使う方法のひとつがFTPです。

FTPとは?
File Transfer Protocol(ファイル・トランスファー・プロトコル)の略称。コンピュータネットワーク上のクライアントとサーバの間でファイル転送を行うための通信プロトコルの一つです。

WinSCP

WindowsPCの場合は、「WinSCP」というFTPソフトがオススメです。
https://winscp.net/eng/download.php
※Macの場合は「FileZilla」など別のソフトを使いましょう。

まずは公式サイトからインストール用のファイルをダウンロードします。

ファイルを開くと、許諾画面が開くので、次に進んでいきます。

インターフェイスはお好みの方で。

私はエクスプローラーの方が好みですので選択します。

インストールを押します。

インストール完了です。

デスクトップやアプリケーションの一覧にアイコンが追加されます。

WinSCPを開くと、ログイン画面が表示されます。
「転送プロトコル」をFTPに切り替えます。

「ホスト名」「ユーザ名」「パスワード」をレンタルサーバーの管理画面から入手します。
※ユーザー名・パスワードの管理は要注意!

セッションの部分にそれぞれの値を入力します。

レンタルサーバー上のフォルダに接続できました!

あとは、HTMLファイルをアップロードしたいフォルダに移動して、PC上からドラッグアンドドロップしてファイルをアップロードしたら公開完了です!

FTPを使うと簡単にHTMLファイルがアップロード出来ますので、お試し下さい(^o^)/
※FTPのユーザー名・パスワードの管理には重々注意下さい。

download(ダウンロード)

プロフィール

EGUWEB

EGUWEB

【皆さまの人生に最良のファーストステップを】WEBサイトを作りたい!WEB分析を学びたいけど分からない。とりあえず色々と知りたい!皆様の悩みを解決できるように頑張ります。 [詳細]

カテゴリー