エグウェブ.JP@福岡/WEBセミナー・分析・WEBサイト制作

福岡でWEB分析・ホームページ・WEBサイト作成・WordPress、Googleアナリティクス、LINEスタンプ、Photshop・illustrator、Excelの講座やセミナーを開催

illustrator(イラストレーター)とPhotoshop(フォトショップ)の違いについて|ベクターorビットマップ

time 2018/05/04

illustratorとは

ドロー系ソフト。
座標点を作り点同士を線で繋ぐ数式方式(「ベクター」データ)で描く。

主にWeb用のバナーやボタン、印刷物(チラシ)を作成する時に使います。

Photoshop

ペイント系ソフト。小さな点を集めて作られた画像(「ビットマップ」データ)で描く。主に写真や画像を加工する時に使う。

Photoshopは点の集まり(「ビットマップ」データ)で描かれているため、描いた線を拡大縮小すると画像が荒くなりますが、illustratorは数式(「ベクター」データ)で描かれているので、拡大縮小をしても画像が劣化せず線が粗くなりません

illustratorで描いた線

Photoshopで描いた線

左がPhotoshop、右がillustrator。
拡大すると、その違いがよく分かります。

illustratorとPhotoshopの使い分け

画像を加工するときはPhotoshop、
ボタンやバナー、印刷物を作る時はillustrator

と使い分けると良いかと思います!

ではまた\(^o^)/

download

プロフィール

EGUWEB

EGUWEB

【皆さまの人生に最良のファーストステップを】WEBサイトを作りたい!WEB分析を学びたいけど分からない。とりあえず色々と知りたい!皆様の悩みを解決できるように頑張ります。 [詳細]

カテゴリー