スキルアップはこちら!!▶[click]

【illustrator CC】雪化粧っぽい模様を作る方法|アピアランス|変形効果

Illustrator(イラストレーター)
この記事は約2分で読めます。

雪化粧っぽい模様

AdobeCreativeStationさんでやっていた内容を応用して。

こんな模様を作ってみたいと思います。

線幅と効果を拡大・縮小

まずは適当にブラシで線を描いて、
変形効果>「オブジェクトの変形」「線幅と効果を拡大・縮小」にチェック

左下の9マスの枠の右下にチェック>コピー「1」

OKを押します。

垂直方向にリフレクト

その状態で再び変形効果

「垂直方向にリフレクト」

> OK

さらに変形効果

さらに再び変形効果>回転、角度120°

>OK

ほぼ出来ました。笑

ちなみに、この(変形を選択している)状態で、ブラシで線を描くと不思議な模様が描けます。

ブラシがこの「変形」の状態を持ったまま線が描けるようです。

色々な模様が描けます。
なんじゃこりゃー、すごい笑

というか同じ図形が描けない・・・笑

パスを伸ばす

パスを伸ばしてみます。

こうなりました。笑

さらに伸ばすと、こうなりました。

パスファインダーで繋ぐと、さらにこんな感じになります。

完成

もう複雑すぎてなんなのか良く分かりませんが、変形効果を活用するとこのような図形も簡単に描けます。

お試し下さい(^ ^)

タイトルとURLをコピーしました