エグウェブ.JP@福岡/WEBセミナー・分析・WEBサイト制作

福岡でWEB分析・ホームページ・WEBサイト作成・WordPress、Googleアナリティクス、LINEスタンプ、Photshop・illustrator、Excelの講座やセミナーを開催

【JavaScript】画面にポップアップされた入力枠に文字列を入力してデータを渡す方法|ptompt();

time 2019/02/01

prompt();

画面にポップアップが表示されて、文字列や値が入力できるようになります 。

<!DOCTYPE html>
<html>
    <head>
        <script>
            message=prompt();
            alert(message);
        </script>
    </head>
    <body>
    </body>
</html>

message=prompt();

message=prompt();

promptに入力された文字列の内容をmessageに格納して、画面にalert(アラート)を表示させます。

「テスト」と入力します。

alert(message);

「テスト」と表示されました。

まとめ

ポップアップされた入力枠に文字列を入力してデータを渡す簡単な方法でした!

お試し下さい\(^o^)/

download

プロフィール

EGUWEB

EGUWEB

【皆さまの人生に最良のファーストステップを】WEBサイトを作りたい!WEB分析を学びたいけど分からない。とりあえず色々と知りたい!皆様の悩みを解決できるように頑張ります。 [詳細]

カテゴリー