エグウェブ.JP@福岡/WEBセミナー・分析・WEBサイト制作

福岡でWEB分析・ホームページ・WEBサイト作成・WordPress、Googleアナリティクス、LINEスタンプ、Photshop・illustrator、Excelの講座やセミナーを開催

【Photoshop】スマートオブジェクトとは?

time 2019/02/20

スマートオブジェクトは、配置またはペーストされた画像を、元の画質を保持したまま編集や拡大・縮小、回転、ワープが可能な機能です。

通常の画像を縮小

縮小

拡大すると、画像が劣化し、ボケてしまいます。

縮小を繰り返すと、ドットの数が減るため、オリジナルのドットの色情報が破棄されて、どんどん画像が劣化していきます。

そこで使えるのが「スマートオブジェクト」という機能です。

レイヤーを右クリック→「スマートオブジェクトに変換」

スマートオブジェクトに変換されると、レイヤーアイコンの右下にスマートオブジェクトであるアイコンマークが追加されます。

マウスオーバーすると、「スマートオブジェクトサムネール」と表示されます。

この状態で、小さく縮小してみます。

その状態から拡大すると、どうなるのか。

先ほどは画像が劣化して荒れました。

荒れません。どれだけ拡大しても荒れません。

スマートオブジェクトのもうひとつ便利な点として、「スマートフィルター」という機能が使えます。

例えば、「フィルター」→「ぼかし」→「ぼかし(ガウス)」をかけてみます。

そうすうと、スマートフィルターの中にかかりました。

スマートフィルターを非表示にすると、元の画像に戻ります。

スマートフィルターにすると、いくつか制限は出てきますが、それ以上のメリットが多いように思います。

ご参考下さいませ(^ ^)

download

プロフィール

EGUWEB

EGUWEB

【皆さまの人生に最良のファーストステップを】WEBサイトを作りたい!WEB分析を学びたいけど分からない。とりあえず色々と知りたい!皆様の悩みを解決できるように頑張ります。 [詳細]

カテゴリー