スキルアップはこちら!!▶[click]

【PremierePro(プレミアプロ)】拡張子「.webM」形式で動画を書き出す方法

PremierePro(プレミアプロ)
この記事は約2分で読めます。

WebM(ウェブエム)

Googleが開発した公開ムービー形式。WebMは、オープンソース・特許のない技術のHTML-5標準ビデオフォーマットです。 これはVP8とVP9のビデオコーデックをVorbisとOpusのオーディオコーデックと共に使用し、Matroskaコンテナにまとめられています。 WebM自体と同様、このプラグインは完全にオープンソースです。
ビデオプロフェッショナルを念頭に設計されたこのプラグインは、4:4:4ビデオサンプリングや10/12ビットピクセルバッファなど、より高度なVP9機能を提供します。 クラッタを最小限に抑えるために、最も重要なエンコーディングパラメータのみがインターフェイスコントロールを備えていますが、カスタム引数テキストフィールドを使用して数十の設定を調整できます。

Matroska(Матрёшка、マトロスカ、マトリョーシカ)

今後主流になると思われる新しいマルチメディアコンテナフォーマット。動画ファイルは拡張子mkv、音声ファイルは拡張子mka。ロシアの入れ子人形マトリョーシカにちなんで名付けられた。オープンソース(GNU LGPL)で開発が行われている。WebMのコンテナとしてMatroskaのサブセットを採用している。

公式サイト
http://www.matroska.org/

いつ使うの?

WEBサイトの中に動画を直接埋め込む場合、拡張子が非対応のブラウザ(例えばMP4などはFirefox等の一部のブラウザには対応していないらしい)に対応する場合に、この.WebM(ウェブエム)形式の動画データが必要になります。

Adobe Premiere Pro CCで拡張子「.WebM」を出力しようとしても、書き出し形式の中に選択がありません

そんな時は、WebM用のプラグインをダウンロードしてインストールしましょう。

プラグインをインストールする

WebM for Premiere
WebM plug-in for Adobe Premiere Pro and Adobe Media Encoder

Download Mac
Download Win
のどちらかを選択して、プラグインをダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを実行してインストールしたら、Premiere Proを再起動します。

.WebM形式で書き出しができるようになりました!

ご参考下さい(^o^)/

タイトルとURLをコピーしました