スキルアップはこちら!!▶[click]

【PremierePro(プレミアプロ)】描画モードを使ってテキストを簡単に良い感じに加工する方法|エフェクトコントロール

PremierePro(プレミアプロ)
この記事は約2分で読めます。

テキストを半透明にしたり、背景に溶け込ませたい時に、「描画モード」を使うと、簡単に加工ができます。

描画モード

エフェクトコントロール内にある不透明度の中に「描画モード」という設定があります。

通常

  • 通常
  • ディゾルブ

ソースレイヤーの不透明度が 100%未満でない限り、ピクセルの結果色は、元のピクセルの色の影響を受けません。「ディゾルブ」描画モードでは、ソースレイヤーの一部のピクセルが透明になります。

減算

  • 比較(暗)
  • 乗算
  • 焼き込みカラー焼き込み(リニア)
  • カラー比較(暗)

これらの描画モードでは、色が暗くなる傾向があります。一部の描画モードでは、絵の具を混ぜ合わせるように色が混合されます。

加算

  • 比較(明)
  • スクリーン
  • 覆い焼きカラー
  • 覆い焼き(リニア)
  • カラー比較(明)

これらの描画モードでは、色が明るくなる傾向があります。一部の描画モードでは、投影された光を混ぜ合わせるように色が混合されます。

複雑

オーバーレイ、ソフトライト、ハードライト、ビビッドライト、リニアライト、ピンライト、ハードミックス。これらの描画モードでは、ソースカラーと基本色のいずれかが 50%グレーよりも明るいかどうかによって、これらの色に異なる処理が実行されます。

差の絶対値、除外、減算、除算。これらの描画モードでは、ソースカラーと基本色の値の差に基づいて色が作成されます。

HSLカテゴリ

色相、彩度、カラー、輝度。これらの描画モードでは、色の HSL(色相、彩度、輝度)の 1 つまたは複数の要素がそのまま基本色から結果色に適用されます。

ご参考下さい^o^)/

タイトルとURLをコピーしました