エグウェブ.JP@オンライン/WEB講座・セミナー・WEB分析

WEB分析・ホームページ・WEBサイト作成・WordPress、Googleアナリティクス、LINEスタンプ、Photshop・illustrator、Excelの講座やオンラインセミナーを開催中!

【Scratch(スクラッチ)入門】#12敵を攻撃できる武器(アイテム)飛び道具を追加する

time 2020/04/27

前回までのあらすじ

ジャンプが出来るようになりました!

攻撃用のスプライトを追加

もし手元に画像があれば追加します。

隠しておかないと、スプライトが画面に表示されたままになりますので、まずは隠します。

繰り返し処理

飛び道具のy座標が増えていく(空に向かって飛んでいく)ので、上限までを繰り返す処理を入れます。

変数追加

加速度用の変数を追加しておきます。

「y座標が(攻撃の移動量)ずつ変える」としてみます。

キャラクターの位置から発射させる

クローンされた時に「(主人公)の場所に行く」とします。これで主人公の位置から攻撃を発射させることができます。

向きによって攻撃位置を調整する

手元あたりから攻撃をしたいので、右向きの時はx座標を+10~20、左向きの時はx座標を-10~20あたりずらしてあげれば、手元あたりから発射させることができます。

攻撃を追加

もしスペースキーが押されたら、攻撃アイテムのスプライトのクローンを作ります。

当たり判定を追加

敵側に、攻撃が当たった時の動作を追加します。

もし攻撃アイテムに触れたなら

y座標<-180なら…ではダメ

攻撃アイテムのプログラムの中で、スプライトがy座標<-180になりきれないので、スプライトが上部で溜まっていってしまいます。

「y座標<-140」あたりに調整を。

攻撃回数を1回ずつにする

今のままだと、スペースキーを押したままの間、無限に攻撃が出続けて、最強すぎるプレイヤーになってしまいますので、発射の間隔を制限します。

主人公のスプライトで「スペースキーが押された時」に、タイマーの条件式を追加します。

一度スペースキーを押すと、攻撃時間が0.5秒進みますので、0.5秒以上経たないと、攻撃時間<タイマーにならないため、その間はスペースキーを押しても何も起きない(攻撃できない)ことになります。

もし攻撃できる間隔を短くしたい時は、+0.2などに調整してみると良いかと思います。

これで攻撃ができるようになりました!

もし攻撃が当たった時は、「徐々に小さくなって消える」といったスクリプトを入れておけば、より自然な動きになるかなと思います。

このままだと、敵がやられたらクローンが削除されて終わりですので、敵1体だけで終わりの謎のゲームになってしまいます。

次は、敵が次から次に降ってくるようなステージを作ってみたいと思います。

完成版はこちら

download(ダウンロード)

プロフィール

EGUWEB

EGUWEB

【皆さまの人生に最良のファーストステップを】WEBサイトを作りたい!WEB分析を学びたいけど分からない。とりあえず色々と知りたい!皆様の悩みを解決できるように頑張ります。 [詳細]

カテゴリー