スキルアップはこちら!!▶[click]
「スキルアップ」したい人はこちらをクリック!!

WEBサイトの作り方やブログを覚えたい・スキルアップしたい時にオススメが「WordPress(ワードプレス)」の使い方を覚えることです。一緒にスキルアップして、未来を変えましょう!「スキルアップをしたい」人は先にお進みください!

スキルアップしたい人はこちらをクリック

【Facebook(フェイスブック)】Facebook広告を作ってみよう!|画像作成・画像サイズ編

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)
この記事は約2分で読めます。
「WordPressで未来を変える!」
【未経験挑戦可!】スキルアップしたい!WordPressに挑戦したい!何かに挑戦して人生を変えたい!!という方をお待ちしています↓↓

今やFacebook広告は集客やマーケティングに欠かせないツールとなりました。このFacebook広告を出したことが無いという方も多いはず。

では、そのFacebook広告の基本、広告画像の作り方と広告の出稿方法をご説明していきたいと思います!

まずは画像を準備する

まずは広告に出す画像が必要です。イラストレーターなどのツールを使って、画像を作っていきます。

横1200px × 縦628px

Facebookには様々な広告がありますが、今回はオーソドックスな「画像」広告を1枚準備してみたいと思います。

広告フォーマット ビジネスのストーリーを伝える美しくパワフルな方法を見つけましょう
https://www.facebook.com/business/ads/ad-formats

画像の種類や比率(アスペクト比)

画像の種類や比率(アスペクト比)にルールがあります。

  • ファイルタイプ: JPGまたはPNG
  • 画像アスペクト比: 1.91:1~4:5

画像の文字・テキストは全体の20%以内

  • テキストは画像の20%以内
  • メインテキスト: 125文字以内

画像の20%以上をテキストが占めると、配信が減ることがあります。

となっているので、広告が出ない訳ではないが、広告に文字が多いと広告が配信されにくくなる、ということのようです。

モックアップ作成

こちらのページから広告のモックアップ(サンプル)が作成できます。

配置にFacebookフィードを、広告の目的にブランドの認知度アップを使用した場合の、Facebook写真広告の仕様
配置にFacebookフィードを、広告の目的にブランドの認知度アップを使用した写真広告フォーマットの仕様を説明します。技術的要件やデザインの推奨事項、サンプル広告をご確認ください。

広告用画像作成

広告のサイズに合わせて、画像やテキストを配置していきます。(テキストがっ画像全体の20%に収まるように)

※画像:イラストAC様

広告を「新規作成」する

下記ページより広告を「新規作成」して、広告を出すタイプや場所を決めていきます!

Facebookにログイン
Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。

まとめ

長くなりそうでしたので、続きはまた次回書きたいと思います!

ご参考下さい^o^)/

タイトルとURLをコピーしました