スキルアップはこちら!!▶[click]

画面操作をGIFで録画できるツール「ScreenToGif」が超絶便利!

Useful(お役立ち)
この記事は約2分で読めます。

ScreenToGif

ネーミングからして分かりやすいですね!その名の通り、スクリーンの動作をGif画像化してくれる便利なツールです。

ScreenToGif

まずは、公式サイトからファイルをダウンロードします。インストール版とポータブル版も用意されています。

(ポータブル版)任意の場所に解凍したら、実行ファイルが入っているので開きます。

ファイルを実行すると、ScreenToGifのアプリケーションが立ち上がります。

レコーダー

指定した範囲のGif画像を取得できます。

例えば、スプレッドシートの表を枠に合わせると、この範囲のGif画像を生成することができるようになります。

記録

記録ボタン、またはF7キーを押すと画面の記録が開始され、停止ボタンまたはF8キーを押すと録画が停止します。

生成されたGif画像の一覧が表示されますので、削除や並び替えで必要な部分のみを選択します。

ひと通り準備が終わったら、「名前を付けて保存」でGifファイルを保存しましょう。

Gif以外にもApngなど、いくつか種類が選べますが、今回はGifを選択して保存をします。

保存できました!

プロジェクトファイルとして保存をする

このままアプリケーションを閉じてしまうと、編集中のデータは無くなってしまうので、再度編集する可能性がある場合は、「プロジェクトファイル」としても保存しておきましょう。

ファイルタイプで「プロジェクト」を選択して保存をします。

「.stg」という形式のファイルが保存されました!

このファイルをScreenToGifのアプリケーションを使って開くと、続きから編集ができるようになります。

まとめ

「ScreenToGif」は、デスクトップの動作をキャプチャしてGif画像化したい時に超絶便利なアプリケーションです!

今回作成したGif画像がこちら。

ご参考下さい\(^o^)/

タイトルとURLをコピーしました