スキルアップはこちら!!▶[click]
「スキルアップしたい人」だけこちらをクリックしてください

WEBサイトの作り方やブログを覚えたい・スキルアップしたい時にオススメが「WordPress(ワードプレス)」の使い方を覚えることです。一緒にスキルアップして、未来を変えましょう!「スキルアップをしたい」人は先にお進みください!

スキルアップしたい人はこちらをクリック

USBメモリや外付けHDDにパスワードを掛けて自分以外が中のファイルを見れないようにする方法

Windows(ウィンドウズ)
この記事は約2分で読めます。

最近では、外付けのUSBメモリや外付けHDD(SSD)などは安価で購入できるようになりましたが、紛失したり、どこかへ置き忘れてしまうと大変な事になる可能性があります。

外付けHDD(SSD)のデータを暗号化し、パスワードをかける方法を紹介します。

紛失の場合を考え重要な情報や個人情報などは保存しないように気をつけましょう。
メンティー
メンティー

ぜひ知りたいです!!

メンター
メンター

いくつかの方法が思いつきます。

Windows10(Pro)以上なら標準搭載されている

「BitLocker To Go」

USBメモリや外付けHDDを暗号化できる機能が導入されています。
(Windows Vista以降)。

WindowsPro以降であれば、BitLocker To Goを使うという方法が良いかもしれません。

BitLockerの設定方法

コントロールパネル>システムとセキュリティ>「BitLockerを有効にする」(Homeには無し)

ドライブを右クリックした時に、「BitLockerを有効にする」が表示されますので、設定を行います。

これで、外付けHDDにパスワードが掛かり、パスワードを入力しないと中が見れなくなります。

MacOS

MacOSの場合は「ディスクユーティリティ」という方法を使うと、ストレージを暗号化できます。

MacOSはちょっと話が長くなりそうなので、別の記事でまとめたいと思います!
※MacOSでパーティションを暗号化すると、暗号化パーティションはMacOSでしか開けなくなってしまうので注意。

Windows10(Home)

Homeエディションの場合はBitLocker To Goが使えない(というより、パスワードの設定が出来ない)ので、別途「セキュリティソフト」をパソコンに入れてインストールして使う・・・という選択になるかと思います。

まとめ

外に持ち歩くUSBメモリやHDDはパスワードを掛けて暗号化しておくことをオススメします!!

ただし、簡単なパスワードであれば解除も簡単であったり、 パスワードを忘れると2度と使えなくなったりしますので、自己責任で試みましょう!

メンター
メンター

取り扱いは、要注意です。

メンティー
メンティー

分かりました!!!

それでは\(^o^)/

タイトルとURLをコピーしました