スキルアップはこちら!!▶[click]

【Windows 10】「Windows.old」フォルダを削除して空き容量を増やす方法について|※ただし慎重に。

Windows(ウィンドウズ)
この記事は約2分で読めます。

空き容量問題

windows10を使っている時に悩まされる問題のひとつが「容量が不足」の問題です。

その容量の問題を解決するひとつが「Windows.old」です。

Windows.old

更新プログラムをインストールすると、システムに「Windows.old」フォルダが作成されます。

以前のシステムファイルやキャッシュファイル?などが保存されます。このOLDのシステムフォルダを削除することで、空き容量を増やすことができます。

これらの重要な復元系のファイルを削除してしまうと、後で元に戻すこと(復元)が困難になる可能性が高いので、自力で一からOSをインストールしたり、システムのバックアップを取れる自信が無い場合は、削除はしないほうが無難かと思います。

ディスククリーンアップ

ウィンドウの検索から「ディスククリーンアップ」と検索すると、アプリが出てくるかと思います。

Cドライブを指定したら、次に進みます。

そうるすと、一時ファイルやキャッシュファイルなどの一覧が表示されます。この下にある「システムファイルのクリーンアップ」を選択します。

ごっそり無くなりました!!

これで、一気に空き容量を増やすことも可能です。

ただし、これらの重要な復元系のファイルを削除してしまうと、後で元に戻すこと(復元)が困難になる可能性が高いので、自力で一からOSをインストールしたり、システムのバックアップを取れる自信が無い場合は、削除はしないほうが無難かと思います。

ご参考ください。

タイトルとURLをコピーしました