スキルアップはこちら!!▶[click]
スキルアップのページはこちら

WEBサイトの作り方やブログを覚えたい・スキルアップしたい時にオススメが「WordPress(ワードプレス)」の使い方を覚えることです。一緒にスキルアップして、未来を変えましょう!

詳細はこちら

【WordPress】画像をカルーセル・スライダー表示をさせるプラグイン|MetaSlider – Responsive WordPress Plugin

WordPress(ワードプレス)
この記事は約2分で読めます。

カルーセル表示とは?

画像を「スライド表示」させる方法をカルーセル表示・・・と言ったりします。

cocoonテーマなどには、最初からかっこいい感じのカルーセル設定があって、このまま使うのもありな感じです。

※投稿の上部に表示させることができます。

通常、任意の場所にカルーセルを表示させようと思った時は、jQueryを使ってあれこれしたりなど手間が掛かりますが、簡単に設定できる便利なプラグインがあります。

メンティー
メンティー

プラグインで出来るんですね!

メンター
メンター

便利なプラグインが、あります。

Meta Slider プラグイン

Slider, Gallery, and Carousel by MetaSlider – Responsive WordPress Plugin
The best slider, gallery, and carousel plugin for WordPress. Responsive and easy to use with images, videos, post feed, products, and layers.

まずはプラグインをインストールします。

有効化

有効化したら設定画面が表示されるので、設定を行います。

スライドを追加

「+スライドを追加」から画像の登録を行います。

画像が追加されました。

スライダーの種類

FlexSlider他、4種類のスライダーから選択できます。

高度な設定

下の「高度な設定」から様々な詳細設定を行うことができます。

カルーセル・モード

高度な設定の中に「カルーセル・モード」というチェックがあります。こちらをオンにすることで、カルーセル・スライダーを設置することができます。

ひと通り設定を終えたら「保存」して完了です。

設置方法[ショートコード]

スライダーの設置は、右下の方に表示されている「ショートコード」を使います。

こちらを、カルーセルを設置したい場所に配置します。

設置

ショートコードを設置してみました。

完成しました!

設置完了・完成しました!

このような感じで、サイト上に簡単にカルーセルスライダーを設置することができます!

メンティー
メンティー

こんな簡単に設置できるんですね!

メンター
メンター

プラグインを作ってくださっている方々に感謝です。

ご参考ください😃

タイトルとURLをコピーしました