スキルアップはこちら!!▶[click]
「スキルアップしたい人」だけこちらをクリックしてください

WEBサイトの作り方やブログを覚えたい・スキルアップしたい時にオススメが「WordPress(ワードプレス)」の使い方を覚えることです。一緒にスキルアップして、未来を変えましょう!「スキルアップをしたい」人は先にお進みください!

スキルアップしたい人はこちらをクリック

【WordPress(ワードプレス)】ループ処理でよく使うテンプレート関数まとめ

WordPress(ワードプレス)
この記事は約3分で読めます。

<?php the_time($d); ?>

記事の日付を表示する。デフォルトは WordPress の設定画面で定義されている時間のフォーマット。

<?php the_title(); ?>

記事のタイトルを表示します。

パラメータ
$before (文字列) (オプション) タイトルの前に置くテキスト
初期値: なし
$after (文字列) (オプション) タイトルの後ろに置くテキスト
初期値: なし
$echo (真偽値) (オプション) タイトルを表示(TRUE)または返します(FALSE)。初期値: TRUE

<?php the_category(‘ ‘); ?>

記事のリンク付きカテゴリーを表示する。

パラメータ 
$separator(文字列) (オプション) カテゴリーへのリンクを区切る文字列や記号。デフォルトでは、番号なし箇条書き(<ul>)でリンクを並べます。空の文字列を指定するとデフォルト表示になります。初期値: 空の文字列

$parents(文字列) (オプション) 記事が子(サブ)カテゴリーに属するときの表示の仕方。オプションは:
 ▪ ‘multiple’ – 親と子のカテゴリーへのリンクを別々に表示し、見た目は「親/子」になります。
 ▪ ‘single’ – 子カテゴリーへのリンクのみを表示しますが、見た目は「親/子」になります。初期値: 空の文字列
付記: 初期設定は子カデゴリーへのリンクであり、親子関係は表示しません。

$post_id(整数) (オプション) カテゴリーを取得する投稿の ID。 初期値は false で、現在の投稿に付けられたカテゴリーのリストになります。初期値: false

<?php the_excerpt( ); ?>

本文の抜粋を表示します。the_excerpt( )とthe_content() 関数の違いは、投稿本文内に<more>タグが使用されているかどうか。

条件分岐 例

<?php if ( is_category() || is_archive() ) {
    the_excerpt();
} else {
    the_content();
} ?>

<?php the_content(); ?>

コンテンツ 現在の投稿の本文を出力します。 ※このテンプレートタグはループの中で使わなければなりません。

<?php the_tags(); ?>

タグを表示します。

パラメータ
$before(文字列) タグ一覧の前に表示する文字列。初期値は Tags: 
$sep(文字列) 各タグリンクの間に表示する文字列・記号。初期値では、各タグ間をコンマ(,)で区切ります。
$after(文字列) 最後のタグに続けて表示する文字列。初期値では何も表示しません。

<?php the_permalink(); ?>

ループの中で記事のURLを取得します。

$post(複合) (オプション) 投稿または固定ページの整数型の ID、あるいは投稿オブジェクト初期値: ループ内で使用した場合、表示中の投稿の ID。

リンクせずに投稿の URL を表示
This address for this post is: <?php the_permalink(); ?>
リンクテキストとして好きな文字列を使用する
<a href="<?php the_permalink(); ?>">permalink</a>
投稿のタイトルをリンクテキストとしてパーマリンクを作成
<a href="<?php the_permalink(); ?>" title="<?php the_title_attribute(); ?>"><?php the_title(); ?></a>

ご参考下さい^o^)/

タイトルとURLをコピーしました