スキルアップはこちら!!▶[click]
「スキルアップしたい人」だけこちらをクリックしてください

WEBサイトの作り方やブログを覚えたい・スキルアップしたい時にオススメが「WordPress(ワードプレス)」の使い方を覚えることです。一緒にスキルアップして、未来を変えましょう!「スキルアップをしたい」人は先にお進みください!

スキルアップしたい人はこちらをクリック

【WordPress(ワードプレス)】テンプレートタグ・一般タグ一覧1|基本情報の出力|php

WordPress(ワードプレス)
この記事は約6分で読めます。

公式Codexはこちら

テンプレート/一般タグ

WordPressの一般タグを使うと、ブログの現在のページのタイトルやWEBサイトのタイトル、アーカイブへのリンク情報など様々な情報を取得することができます。

get_header()

header.php テンプレートファイルを読み込みます。名前(name)を指定すると、指定したヘッダー header-{name}.php を読み込みます。header.php ファイルがテーマに含まれていない場合は、デフォルトテーマの wp-includes/theme-compat/header.php を読み込みます。

ページ毎にヘッダーを分ける場合

<?php
if ( is_home() ) :
  get_header('home');
elseif ( is_404() ) :
  get_header('404');
else :
  get_header();
endif;
?>

もし表示されているページが投稿ページの場合は「header-home.php」404ページの場合は「header-404.php」が読み込まれます。

get_footer()

footer.php テンプレートファイルを 読み込みます 。名前 (name) を指定すると、指定した footer-{name}.php を読み込みます。footer.php ファイルがテーマに含まれていない場合は、デフォルトテーマの wp-includes/theme-compat/footer.php を読み込みます。

ページ毎にフッターを分ける場合

<?php
if ( is_home() ) :
  get_footer('home');
elseif ( is_404() ) :
  get_footer('404');
else :
  get_footer();
endif;
?>

表示されているページが投稿ページの場合は「footer-home.php」404ページの場合は「header-404.php」が読み込まれます。

get_sidebar()

sidebar.php テンプレートファイルを読み込みます。名前 ($name) を指定すると、対応するサイドバー sidebar-{name}.php を読み込みます。sidebar-{name}.php が存在しない場合は、かわりに sidebar.php を読み込みます。sidebar.php ファイルがテーマに含まれていない場合は、デフォルトテーマの wp-includes/theme-compat/sidebar.php からサイドバーを読み込みます。

左サイドバーと右サイドバーに分ける場合

<?php get_header(); ?>
<?php get_sidebar('left'); ?>
<?php get_sidebar('right'); ?>
<?php get_footer(); ?>

ページごとに表示させるサイドバーを変える場合

<?php
if ( is_home() ) :
    get_sidebar('home');
elseif ( is_404() ) :
    get_sidebar('404');
else :
    get_sidebar();
endif;
?>

get_template_part()

テンプレートパーツ(ヘッダー、サイドバー、フッターを除きます)をテンプレートへ読み込みます。テーマの $slug で指定したテンプレートパーツをインクルードします。$name が指定された場合は、そのパーツの個別版をインクルードします。テーマに {$slug}.php ファイルがなければ何もインクルードしません。

<?php get_template_part( 'phpファイル名’ ); ?>

例えば、sample.phpを呼び出したい場合は

<?php get_template_part( 'sample’ ); ?>

ファイルをtemplate-partsのフォルダ内にまとめている場合は

<?php get_template_part( 'template-parts/phpファイル名’ ); ?>

とします。

get_search_form()

searchform.php ファイルを使用して検索フォームを表示します。無ければ WordPress 組み込みの検索フォームを表示します。※テンプレート階層に含まれる search.php ではありません。search.php は検索結果を表示するテンプレートです。公式の説明はこちら

<?php get_search_form( $echo ); ?>

wp_loginout()

ログインリンクを表示して、ユーザーがログインしたら、ログアウトリンクを表示します。 

<?php wp_loginout( $redirect, $echo ); ?>

$redirect
(文字列) (オプション) ログイン/ログアウトへのリダイレクトURL
初期値: なし

$echo
(真または偽) (オプション) trueの場合、リンクをエコーし、falseの場合、文字列としてリンクを返します。
初期値: true

wp_logout_url()

nonce-protected URL を返し、ユーザーをログアウトさせます。

<?php echo wp_logout_url($redirect); ?>

ユーザーがログアウトしてログイン画面へ戻るリンクの URL を返す

<a href="<?php echo wp_logout_url(); ?>">Logout</a>

wp_login_url()

<?php echo wp_login_url( $redirect ); ?> 

$redirect
(文字列) (省略可) ログイン時のリダイレクト先。絶対的な URL (http://example.com/mypage/ など) である必要があります。
初期値: なし

<a href="<?php echo wp_login_url(); ?>" title="ログイン">ログイン</a>

wp_login_form()

ログインフォームを表示します。デフォルトでは、HTML を直接エコーします。文字列を返すには、array(‘echo’ => false) を渡します。

<?php wp_login_form( $args ); ?> 

wp_lostpassword_url()

パスワードを無くしたユーザーが再取得できるようにするURLを返すテンプレートタグ。

<?php echo wp_lostpassword_url( $redirect ); ?>

redirect
(string) (optional)URLは、失われたパスワードを取得した後にリダイレクトします。
デフォルト:なし

<a href="<?php echo wp_lostpassword_url( get_permalink() ); ?>" title="Lost Lassword">パスワード再発行</a>

まとめ

実際に出力させてみると分かりやすいかと思いますので、実際に入れてみて試してみることをオススメします!😃

タイトルとURLをコピーしました