スキルアップはこちら!!▶[click]
「スキルアップ」したい人はこちらをクリック!!

WEBサイトの作り方やブログを覚えたい・スキルアップしたい時にオススメが「WordPress(ワードプレス)」の使い方を覚えることです。一緒にスキルアップして、未来を変えましょう!「スキルアップをしたい」人は先にお進みください!

スキルアップしたい人はこちらをクリック

【WordPress】カテゴリページの全記事を新URLスラッグへリダイレクトさせる方法|正規表現パターン

WordPress(ワードプレス)
この記事は約4分で読めます。
「WordPressで未来を変える!」
【未経験挑戦可!】スキルアップしたい!WordPressに挑戦したい!何かに挑戦して人生を変えたい!!という方をお待ちしています↓↓

カテゴリのURLスラッグは簡単に変えてはいけない

ワードプレスでカテゴリに記事を設定した後に「カテゴリのURLスラッグのスペルを間違えた・・・!」と思って、すぐにURLスラッグを変える・・・ようなことは、御法度です。

もしURLスラッグを変更してしまうと、「NOT FOUND(404ページ)」になるページが頻出してしまうことになってしまいます。ああ、おそろしや・・・。

メンター
メンター

カテゴリのURL変更は慎重に行う必要があります。

メンティー
メンティー

どういうことでしょうか?

スラッグとは?

スラッグとは、URLやパーマリンクで使われる文字列です。投稿のカテゴリ新規作成の際に作ることができます。

例えば下記のようなページです。カテゴリが設定されている記事一覧を表示させることができます。

example.com/category/degital/

パーマリンク例

例えば、パーマリンク設定で/%category%/%post_id%/としていると、下記のようなパーマリンク構造で投稿が公開されます。

example.com/degital/146/
example.com/degital/187/
example.com/degital/587/
example.com/degital/1242/
example.com/degital/1684/

スペルを間違えてしまった・・・!!

スラッグは「degital」ではなく「digital」だった・・・!と思って、慌ててスラッグを変えてしまうと、まずいことが起こります。

もともとのパーマリンクが書き換わってしまうので、https://example.com/degital/~は全て開くことができず、「404 NOT FOUND」ページが大量発生してしまう可能性があります。

開ける

example.com/digital/146/
example.com/digital/187/
example.com/digital/587/
example.com/digital/1242/
example.com/digital/1684/

開けない

example.com/degital/146/
example.com/degital/187/
example.com/degital/587/
example.com/degital/1242/
example.com/degital/1684/

カテゴリのURLスラッグが変わってしまったので、もともと開けていたページが開けなくなってしまいました・・・。

Redirectionプラグインでリダイレクトさせる

今回も、便利なプラグイン「Redirection」を使って、ページをリダイレクトさせます。

ソースURL・・・リダイレクト元
ターゲットURL・・・リダイレクト先

/XXXXX/.* で正規表現リダイレクト

/XXXXX/.*(XXXXXはカテゴリのURLスラッグ)というリダイレクト設定をおこなうことで元のカテゴリに属する記事のパーマリンクにアクセスがあった時に、新URLを開くことができます。

開ける

example.com/digital/146/
example.com/digital/187/
example.com/digital/587/
example.com/digital/1242/
example.com/digital/1684/

開ける(リダイレクトされる)

example.com/degital/146/ → example.com/digital/146/
example.com/degital/187/ → example.com/digital/187/
example.com/degital/587/ → example.com/digital/587/
example.com/degital/1242/ → example.com/digital/587/
example.com/degital/1684/ → example.com/digital/1684/

設定を間違えると大変なことになる。

設定を一歩間違えるとリダイレクトの無限ループに入ってしまい、ページが開かなくなってしまう現象が発生する可能性もあります。

まとめ

Redirectionプラグインを使えば、ページURLが変わっても正規表現を使ってページをリダイレクトさせることができます。ただし設定を一歩間違えると無限ループで開かない、意図しないページにリダイレクトされるなどの問題が発生する可能性もありますので設定はくれぐれも慎重に行いましょう。

メンター
メンター

うっかりカテゴリのURLを変えたり設定を間違えたりすると大変なことになる可能性があるので気をつけましょう。

メンティー
メンティー

わかりました!!

ご参考ください😃

「ワードプレスで未来を変える!」
【未経験挑戦可!】スキルアップしたい!WordPressに挑戦したい!何かに挑戦して人生を変えたい!!という方をお待ちしています↓↓
WordPress(ワードプレス)
EGUWEB(エグウェブ).JP
タイトルとURLをコピーしました