エグウェブ.JP@福岡/WEBセミナー・分析・WEBサイト制作

皆様の人生に最良のファーストステップを。福岡でWEB分析やホームページ・WEBサイト作成・WordPress、Googleアナリティクス、LINEスタンプ、Adobe Photshop・illustrator、Excel等の講座やセミナーを開催。

【WordPress】テーマ+プラグイン作成の為のローカル開発環境を準備する|eclipese

time 2018/12/03

先日、WordPressのローカル開発環境に「Local by Flywheel」がめっちゃ便利、という話を書きましたが、IDEも扱っておきたいということでEclipseを入れてみたいと思います。

Eclipse
「イクリプス」または「エクリプス」

Eclipseは、IBMによって開発された統合開発環境 の一つ。高機能ながらオープンソースであり、Javaをはじめとするいくつかの言語に対応する。Eclipse自体はJavaで記述されている。

 

Eclipseを入れるときは、Eclipse+日本語化プラグインの「Pleiades」を入れた方が早いかと思います。

Pleiades – Eclipse、IntelliJ などの日本語化プラグイン

 

必要なパッケージをダウンロードします。「Pleiades All in One Ultimate」がすべてのパッケージを統合した全部入りパッケージで高機能のようですが、めっちゃ重くなりそうなので、必要なパッケージにした方が良いかもしれません。

 

PHPだけでよければ「PHP」を選択します。

 

ダウンロードしたzipファイルを解凍します。
※CドライブやDドライブの直下が良いかもしれません。

「eclipse.exe(起動ファイル)」を開きます。

 

eclipse起動中です。

 

ワークスペース(開発ファイルを置く場所)を選択します。

ワークスペース変更の必要が無ければ「この選択をデフォルトとして使用し、今後この質問を表示しない」にチェックを入れておきましょう。

 

.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インタープリターとパスの更新を選択します。

 

eclipseが立ち上がりました!

 

 

新規>プロジェクト

PHPプロジェクト

 

プロジェクト名を決めてプロジェクトを作成します。

 

サーバーの設定等々を進めて、ひとまずOKかと思います。

 

デスクトップに「eclipse.exe(起動ファイル)」のショートカットを置いておくと便利です。

 

まずは起動とプロジェクトの立ち上げ部分まででした!

次は実際にプロジェクトの作成とWordPressとの連携等をお伝えしたいと思います!
それでは\(^o^)/

おすすめ記事

プロフィール

EGUWEB

EGUWEB

【皆さまの人生に最良のファーストステップを】WEBサイトを作りたい!WEB分析を学びたいけど分からない。とりあえず色々と知りたい!皆様の悩みを解決できるように頑張ります。 [詳細]

カテゴリー