763万 キーワード

2021年 検索パフォーマンス

57.8万 ユーザー

2021年 訪問ユーザー数

WordPressのスキルアップはこちら!▶[click]

centOSの初期設定《yum update》|パッケージの更新|システムのアップデート

CentOS(セントオーエス)
この記事は約2分で読めます。
スキルアップで未来を変える!!
情熱があれば【誰でも】挑戦できます!
ここからSTART↓

パッケージの更新

centOSをインストールしたら、まずはインストール済みのパッケージをアップデートしてみます。

yum update

いきなりエラーが・・・。

One of the cnfigured repositories failed

One of the cnfigured repositories failed(Unknown),
and yum doesn’t have enough cached data to coutinue.
At this point the only safe thing yum can do is fail. There are a few ways to work “fix” this:

構成されたリポジトリの1つが失敗しました(不明)。
yumにはキャッシュするための十分なデータがありません。
この時点でyumができる唯一の安全なことは失敗です。
これを「修正」するにはいくつかの方法があります:

何だか原因不明のエラー・・・?

ダメでした。

ネットワークかDNS関係に問題がありそうな・・・?

TeraTerm

ふと考えたら、TeraTermの方が使いやすそうなのでこのタイミングでインストール。

が、詰んだ。詰んでしまった・・・。

「Enter ^Ec? ‘ for help」

Enterを押しても、待っても待っても、全く進まない。

どうやら、標準OS以外ではSSH接続に対応できない可能性があるようす。

調子に乗ってOSの最新Verにしてしまったことがまずかったかもしれない。

泣く泣く初期化。

[標準OS]centOS 6.5に。

OSのバージョン

もしかして、さっきのエラーもOSのバージョンの問題では?と思い、ブラウザのコンソール上でyum updateを試してみる。

update、いけているようです。

ということは、やはりOSの問題だったのかもしれません。

アップデート完了

アップデート完了しました!

けっこう時間が掛かりますので気長に待ちましょう。
\(^o^)/

つづく。

Loading
「ワードプレスで未来を変える!」
【未経験挑戦可!】スキルアップしたい!WordPressに挑戦したい!何かに挑戦して人生を変えたい!!という方をお待ちしています↓↓
CentOS(セントオーエス)
EGUWEB
タイトルとURLをコピーしました