スキルアップを始める

HTML INDEX

doctype

「Document Type Definition」文書型の定義を意味し、HTMLの冒頭に記載します。

<!doctype>

メタデータコンテンツ

メタデータコンテンツは、Webページの情報や属性を表現するために使用される要素や属性のことを指します。これらのメタデータは、ブラウザや検索エンジンなどのクライアントソフトウェアに対してページの内容や表示方法を伝える役割を果たします。

HTMLドキュメントにメタデータを追加することで、ページのタイトル、文字エンコーディング、スタイルシート、JavaScriptコードなどを指定することができます。これにより、ブラウザや検索エンジンがページを正しく解釈し、表示や検索結果の品質を向上させることができます。

<base>, <command> 非推奨, <link>, <meta>, <noscript>, <script>, <style>, <title> 

フローコンテンツ

フローコンテンツは、通常のテキストや要素を含んでいるなど、HTML文書の通常のフロー内で表示される要素を指します。HTML文書のコンテンツを構造化し、適切なブロックやインライン要素として表示されます。フローコンテンツは通常、他のフローコンテンツやコンテンツカテゴリ(セクショニングコンテンツやヘディングコンテンツなど)を含むことができます。

<a>, <abbr>, <address>, <article>, <aside>, <audio>, <b>, <bdo>, <bdi>, <blockquote>, <br>, <button>, <canvas>, <cite>, <code>, <command> 非推奨, <data>, <datalist>, <del>, <details>, <dfn>, <div>, <dl>, <em>, <embed>, <fieldset>, <figure>, <footer>, <form>, <h1>, <h2>, <h3>, <h4>, <h5>, <h6>, <header>, <hgroup>, <hr>, <i>, <iframe>, <img>, <input>, <ins>, <kbd>, <keygen> 非推奨, <label>, <main>, <map>, <mark>, <math>, <menu>, <meter>, <nav>, <noscript>, <object>, <ol>, <output>, <p>, <picture>, <pre>, <progress>, <q>, <ruby>, <s>, <samp>, <script>, <section>, <select>, <small>, <span>, <strong>, <sub>, <sup>, <svg>, <table>, <template>, <textarea>, <time>, <u>, <ul>, <var>, <video>, <wbr> 

区分(セクショニング)コンテンツ

区分(セクショニング)コンテンツは、HTML文書の構造を明確にし、セクションごとに関連するコンテンツをグループ化することができます。これにより、検索エンジンやアクセシビリティツールがページの構造を理解しやすくなり、ユーザーにとってもナビゲーションやコンテンツの理解が容易になります。

 <header>, <footer>, <article>, <aside>, <nav>, <section> 

見出し(ヘディング)コンテンツ

見出し(ヘディング)コンテンツは、HTMLにおける要素のカテゴリの一つです。これらの要素は、文書のセクションや節の見出しを定義するために使用されます。見出しは、ページの構造を明確にし、コンテンツの階層性を示すのに役立ちます。

正しい見出しの使用は、コンテンツの可読性や検索エンジン最適化(SEO)にも影響を与えます。見出しは読者にコンテンツの概要を伝え、ナビゲーションを容易にし、ページの理解を支援します。

<h1>, <h2>, <h3>, <h4>, <h5>, <h6>, <hgroup>

記述(フレージング)コンテンツ

記述(フレージング)コンテンツは、テキストや文書の一部を表現するために使用されます。記述コンテンツは、一般的にフローコンテンツ(テキストや要素の一般的な表示)内に配置され、直接的な意味や役割を持ちます。

これらの要素は、テキストやその他のコンテンツを表示するために使用されます。記述コンテンツは、文書の意味やスタイルを明確にするために使用されます。また、スクリーンリーダーなどのアクセシビリティツールが文書を読み上げる際にも役立ちます。

<abbr>, <audio>, <b>, <bdo>, <br>, <button>, <canvas>, <cite>, <code>, <command> 非推奨, <data>, <datalist>, <dfn>, <em>, <embed>, <i>, <iframe>, <img>, <input>, <kbd>, <keygen> 非推奨, <label>, <mark>, <math>, <meter>, <noscript>, <object>, <output>, <picture>, <progress>, <q>, <ruby>, <samp>, <script>, <select>, <small>, <span>, <strong>, <sub>, <sup>, <svg>, <textarea>, <time>, <u>, <var>, <video>, <wbr> 

<a>: 記述コンテンツだけを含む場合
<area>: <map> 要素の子孫である場合
<del>: 記述コンテンツだけを含む場合
<ins>: 記述コンテンツだけを含む場合
<link>: itemprop 属性がある場合
<map>: 記述コンテンツだけを含む場合
<meta>: itemprop 属性がある場合

埋め込み(エンベデッド)コンテンツ

<audio>, <canvas>, <embed>, <iframe>, <img>, <math>, <object>, <svg>, <video>

対話型(インタラクティブ)コンテンツ

<a>, <button>, <details>, <embed>, <iframe>, <keygen> 非推奨, <label>, <select>, <textarea> 

<audio>: controls 属性がある場合
<img>: usemap 属性がある場合
<input>: type 属性が hidden 状態ではない場合
<menu>: type 属性が toolbar 状態ではない場合
<object>: usemap 属性がある場合
<video>: controls 属性がある場合

知覚可能コンテンツ

テキストなどを含んで表示されるHTML要素。

フォーム関連コンテンツ

<button>
<fieldset>
<input>
<keygen> 非推奨
<label>
<meter>
<object>
<output>
<progress>
<select>
<textarea>

リスト化
IDL コレクションの form.elements と fieldset.elements によってリスト化された要素です。 <button>, <fieldset>, <input>, <keygen> 非推奨, <object>, <output>, <select>, <textarea> を含みます。

ラベル付け可能
<label> に関連付けできる要素です。 <button>, <input>, <keygen> 非推奨, <meter>, <output>, <progress>, <select>, <textarea> を含みます。

送信可能
フォームが送信 (submit) されるときにフォームデータセットを構築するために用いることができる要素です。 <button>, <input>, <keygen> 非推奨, <object>, <select>, <textarea> を含みます。

リセット可能
フォームがリセットされるときに影響を受けることがある要素です。 <input>, <keygen>, <output>, <select> <textarea> を含みます。
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら