スキルアップを始める!

JavaScript INDEX一覧

eval()

呼び出し元の権限で渡されたコードを実行する危険な関数です。

eval()

isFinite()

渡された値が有限数かどうかを判定します。

isFinite()

isNaN()

引数が NaN (非数) かどうかを判定します。

isNaN()

parseFloat()

浮動小数点値を返します。

parseFloat()

parseInt()

文字列の引数を解析し、指定された基数 (数学的記数法の底) の整数値を返します。

parseInt()

decodeURI()

URI (Uniform Resource Identifier; 統一資源識別子) をデコードします。

decodeURIComponent()

encodeURI()

URI (Uniform Resource Identifier; 統一資源識別子) をエンコードします。

encodeURI()

encodeURIComponent()

URI (Uniform Resource Identifier) 構成要素を特定の文字を UTF-8 文字エンコーディングで表された 1 個から 4 個のエスケープシーケンスに置き換えることでエンコードします。

サロゲートペアで構成される文字のみ 4 個のエスケープシーケンスになります。

encodeURI()

Object

様々なキー付きコレクション・複雑な実態を格納するために使用されます。 

Object

Function

関数を定義するために使われます。

function 関数名(引数1, 引数2, ...){
}

Boolean

論理値のオブジェクトラッパーです。最初の引数に渡された値は、必要に応じて論理値に変換されます。

var x = new Boolean(false);
if (x) {
}

Symbol

Symbol データ型を持つ値は「シンボル値」として見ることができます。

let Sym1 = Symbol("Sym")
let Sym2 = Symbol("Sym")

console.log(Sym1 === Sym2) // "false" を返す

Error

実行時エラーが発生した時に発生します。

EvalError
InternalError
RangeError
ReferenceError
SyntaxError
TypeError
URIError
Error()
Error.captureStackTrace()
Error.prototype.message
Error.prototype.name
Error.prototype.description
Error.prototype.number
Error.prototype.fileName
Error.prototype.lineNumber
Error.prototype.columnNumber
Error.prototype.stack
Error.prototype.toString()

EvalError

グローバル関数 eval() (en-US) に関して発生するエラーです。

RangeError

値が配列内に存在しない、または値が許容範囲にない場合のエラー。

ReferenceError

JavaScript の例外 “variable is not defined”

  • 変数が存在しない

SyntaxError

別名:構文エラー。あらかじめ定義された構文の誤った使用による例外です。

“unexpected token” 単純なタイプミスなど。

  • if 文を囲む括弧を忘れる
  • 関数を呼び出すとき、末尾のカンマが入っている
SyntaxError: expected expression, got ')'
SyntaxError: expected expression, got '||'

TypeError

“is not a function” 値を関数として呼び出そうとしたが、その値が実際には関数ではなかった場合。

TypeError: Object doesn't support property or method {x} (Edge)
TypeError: "x" is not a function

URIError

URIに関するエラーを表します。例えば、URIが不正な文字を含んでいた場合に投げられます。

例:以下のように不正なURIをパースしようとすると、URIErrorが投げられます。

decodeURIComponent('%')

AggregateError

AggregateError(集約エラー):Promise.allSettled()などで複数のPromiseからエラーが返された場合に、それらのエラーを一つのオブジェクトとしてまとめたものを表します。

例:以下のようにPromise.allSettled()で複数のPromiseを実行した場合、AggregateErrorが投げられる可能性があります。

Promise.allSettled([promise1, promise2, promise3])

Number

Number(数値):JavaScriptの数値を表します。整数や浮動小数点数などが含まれます。

例:以下のように数値を宣言することができます。

const x = 10;
const y = 3.14;

BigInt

BigInt(大きな整数):JavaScriptの整数を表します。Numberよりも大きな値を扱うことができます。

例:以下のようにBigIntを宣言することができます。

const x = 9007199254740991n;
const y = 10n;

Math

Math(数学関数):JavaScriptに組み込まれた数学関数を提供するオブジェクトです。三角関数や指数関数、対数関数などが含まれます。

例:以下のようにMathオブジェクトを使用して、数学関数を実行することができます。

Math.sin(3.14);
Math.pow(2, 3);

Date

Date(日付):日付と時刻を表します。JavaScriptのDateオブジェクトを使用して、現在時刻や指定した日付などを取得できます。

例:以下のようにDateオブジェクトを使用して、日付を取得することができます。

const now = new Date();
const birthday = new Date('1990/01/01');

String

String(文字列):文字列を表します。文字列はダブルクォーテーション、シングルクォーテーション、バッククォーテーションで囲まれます。

例:以下のように文字列を宣言することができます。

const str1 = "Hello";
const str2 = 'World';
const str3 = `JavaScript`;

RegExp

RegExp(正規表現):文字列のパターンを表現するための特殊な文字列です。文字列内でマッチングや検索を行う場合に使用します。

例:以下のように正規表現を宣言することができます。

const regex1 = /hello/;
const regex2 = new RegExp('world');

Array

バイナリデータを扱うためのTypedArray(型付き配列)です。

Int8Array

バイナリデータを扱うためのTypedArray(型付き配列)です。

Uint8Array

バイナリデータを扱うためのTypedArray(型付き配列)です。

Uint8ClampedArray

バイナリデータを扱うためのTypedArray(型付き配列)です。

Int16Array

バイナリデータを扱うためのTypedArray(型付き配列)です。

Uint16Array

バイナリデータを扱うためのTypedArray(型付き配列)です。

Int32Array

バイナリデータを扱うためのTypedArray(型付き配列)です。

Uint32Array

バイナリデータを扱うためのTypedArray(型付き配列)です。

BigInt64Array

バイナリデータを扱うためのTypedArray(型付き配列)です。

BigUint64Array

バイナリデータを扱うためのTypedArray(型付き配列)

Float32Array

バイナリデータを扱うためのTypedArray(型付き配列)です。

Float64Array

バイナリデータを扱うためのTypedArray(型付き配列)です。

Map

オブジェクトをキーと値のペアで格納するためのコレクションです。

Set

一意の値を格納するためのコレクションです。

WeakMap

オブジェクトをキーと値のペアで格納するためのコレクションで、キーが参照されていない場合に自動的に削除されます。

WeakSet

一意の値を格納するためのコレクションで、値が参照されていない場合に自動的に削除されます。

ArrayBuffer

バイナリデータを格納するためのバッファーです。

SharedArrayBuffer

複数のスレッドでアクセスできるバイナリデータを格納するためのバッファーです。

DataView

Atomics

JSON

WeakRef

FinalizationRegistry

Promise

GeneratorFunction

AsyncGeneratorFunction (en-US)

Generator

AsyncGenerator (en-US)

AsyncFunction

Reflect

Proxy

Intl

Intl.Collator

Intl.DateTimeFormat

Intl.DisplayNames

Intl.ListFormat

Intl.Locale

Intl.NumberFormat

Intl.PluralRules

Intl.RelativeTimeFormat

WebAssembly

WebAssembly.Module

WebAssembly.Instance

WebAssembly.Memory

WebAssembly.Table

WebAssembly.CompileError

WebAssembly.LinkError

WebAssembly.RuntimeError

break

continue

if…else

switch

throw

try…catch

var

let

constfunction

function*

async function

return

class

do…while

for

for each…in

for…in

for…of

for await…of

while

debugger

export

import

label

with

this

function

class

yield

yield*

async function

await

[]

{}

/ab+c/i

( )

null

?. (オプショナルチェイニング)

new

new.target

import.meta

super

…obj

A++

A–

++A

–A

delete

void

typeof

+

~

!

+

/

*

%

**

in

instanceof

<

>

<=

=>

==

!=

===

!==

<<

>>

>>>

&

|

^

&&

||

??

(condition ? ifTrue : ifFalse)

=

*=

**=

/=

%=

+=

-=

<<=

>>=

>>>=

&=

^=

|=

&&=

||=

??=

[a, b] = [1, 2]

{a, b} = {a:1, b:2}

,

URLをコピーしました!