URLをコピーしました!
スキルアップを始める!

【PWA】Firebaseを使ってスマホのトークンを取得してプッシュ通知を送る仕組みを作成する(Part1)

Firebase(ファイアベース)
\ワードプレスのスキルアップはこちら!/ WordPress入門読本

Firebaseを使用してスマートフォンのトークンを取得し、Progressive Web Apps (PWA)でプッシュ通知を送るシステムを構築する流れです。

Firebaseプロジェクトの設定

Firebaseの公式ウェブサイトにアクセスし、新しいプロジェクトを作成します。

Sign in - Google Accounts

プロジェクトを設定したら、アプリケーションタイプ(iOSまたはAndroid)を選択してアプリをFirebaseに登録します。

サーバーサイドからプッシュ通知を送信するために必要なデバイストークンを取得するプロセスは、主にクライアント側(モバイルアプリ)で実行されます。以下は、このプロセスを設定するためのステップです。

クライアントサイド(モバイルアプリ)側

クライアントサイド(モバイルアプリ)では、以下のような流れを実装します。

Firebase SDKの設定:

モバイルアプリにFirebase SDKを追加します。iOSの場合はCocoaPodsまたはSwift Package Managerを、Androidの場合はGradleを使用して、Firebase Cloud Messaging(FCM)ライブラリをプロジェクトに組み込みます。

デバイス登録トークンの取得:

アプリが初めて起動された時に、Firebase SDKはデバイス固有の登録トークンを生成します。このトークンを取得するために、SDK提供のメソッドを呼び出します。

トークンの送信と保存:

取得したデバイストークンをサーバーサイド(あなたのバックエンド)に送信します。通常、REST APIを介してこの情報を送信し、サーバー側でデータベースに保存します。

サーバーサイド側

バックエンドのセットアップ:

バックエンドシステム(Node.js、Python、Javaなど)を設定し、Firebase Admin SDKをインストールします。

Firebase Admin SDKの初期化:

Firebaseプロジェクトの秘密キーを使用してFirebase Admin SDKを初期化します。これにより、サーバーサイドからFirebaseサービスに安全にアクセスできるようになります。

デバイストークンの受信と保存:

クライアントから送信されるデバイストークンを受け取り、データベースに保存します。これには、APIエンドポイントの作成が含まれます。

通知の送信:

プッシュ通知を送信する準備ができたら、保存されたデバイストークンを使用してFirebase Admin SDK経由でFirebase Cloud Messagingにリクエストを送信します。

まとめ

これらのステップに従うことで、Firebaseを使用してサーバーサイドからプッシュ通知を送信するためのデバイストークンを取得し、管理するシステムを構築できます。

開発プロセス全体で、Firebaseのドキュメントと各プラットフォームのガイドラインに従うことが重要です。

次回は、具体的な流れをご紹介します。つづく。

Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら