763万 キーワード

2021年 検索パフォーマンス

57.8万 ユーザー

2021年 訪問ユーザー数

WordPressのスキルアップはこちら!▶[click]

【初めてのホームページ制作入門】FTP接続でWEBサーバーにファイルをアップロードする方法|WinSCP

HTML(エイチティーエムエル)
この記事は約2分で読めます。
スキルアップで未来を変える!!
情熱があれば【誰でも】挑戦できます!
ここからSTART↓

HTMLファイルを公開

ホームページを世界中に公開するためには、HTMLファイルをレンタルサーバーにアップロードする必要があります。

FTP接続する

レンタルサーバー上にファイルをアップロード際に使う方法のひとつがFTPです。

FTPとは?
File Transfer Protocol(ファイル・トランスファー・プロトコル)の略称。コンピュータネットワーク上のクライアントとサーバの間でファイル転送を行うための通信プロトコルの一つです。

WinSCP

WindowsPCの場合は、「WinSCP」というFTPソフトがオススメです。
https://winscp.net/eng/download.php
※Macの場合は「FileZilla」など別のソフトを使いましょう。

まずは公式サイトからインストール用のファイルをダウンロードします。

ファイルを開くと、許諾画面が開くので、次に進んでいきます。

インターフェイスはお好みの方で。

私はエクスプローラーの方が好みですので選択します。

インストールを押します。

インストール完了です。

デスクトップやアプリケーションの一覧にアイコンが追加されます。

WinSCPを開くと、ログイン画面が表示されます。
「転送プロトコル」をFTPに切り替えます。

「ホスト名」「ユーザ名」「パスワード」をレンタルサーバーの管理画面から入手します。
※ユーザー名・パスワードの管理は要注意!

セッションの部分にそれぞれの値を入力します。

レンタルサーバー上のフォルダに接続できました!

あとは、HTMLファイルをアップロードしたいフォルダに移動して、PC上からドラッグアンドドロップしてファイルをアップロードしたら公開完了です!

FTPを使うと簡単にHTMLファイルがアップロード出来ますので、お試し下さい(^o^)/
※FTPのユーザー名・パスワードの管理には重々注意下さい。

Loading
「ワードプレスで未来を変える!」
【未経験挑戦可!】スキルアップしたい!WordPressに挑戦したい!何かに挑戦して人生を変えたい!!という方をお待ちしています↓↓
HTML(エイチティーエムエル)
EGUWEB
タイトルとURLをコピーしました