スキルアップを始める!

PythonでWEBサイト(WEBアプリケーション)を作る際のフレームワーク例(Flask・Django)

Python(パイソン)
\ワードプレスのスキルアップはこちら!/ WordPress入門読本

PythonでWebサイト(Webアプリケーション)を作る際の環境構築は、使用するフレームワークやライブラリにもよりますが、一般的な例をいくつか紹介します。代表的なフレームワークとしてFlaskやDjangoがありますので、それぞれの環境構築例を示します。

Flaskの場合

Pythonのインストール 最初に、Pythonがシステムにインストールされていることを確認します。Pythonのバージョンは、Flaskがサポートしているバージョンであることを確認してください。

Welcome to Flask — Flask Documentation (3.0.x)

仮想環境の作成 プロジェクトごとに独立したPython環境を持つため、仮想環境を作成します。これにより、プロジェクト間での依存関係の衝突を避けることができます。

python -m venv myprojectenv

仮想環境のアクティベーション 仮想環境をアクティベートします。

Windowsの場合:

myprojectenv\Scripts\activate

macOS/Linuxの場合:

source myprojectenv/bin/activate

Flaskのインストール 仮想環境内でFlaskをインストールします。

pip install Flask

アプリケーションの作成 Flaskアプリケーションの基本的な骨格を作成します。

サーバの起動 開発用サーバを起動して、アプリケーションをテストします。

flask run

Djangoの場合

Pythonのインストール Djangoを使用する前に、Pythonがシステムにインストールされていることを確認してください。

Django
The web framework for perfectionists with deadlines.

仮想環境の作成 Djangoプロジェクトも、独立したPython環境を持つために仮想環境を作成します。

python -m venv myprojectenv

仮想環境のアクティベーション 上記のFlaskの場合と同様に、仮想環境をアクティベートします。

Djangoのインストール 仮想環境内でDjangoをインストールします。

pip install django

Djangoプロジェクトの作成 Djangoコマンドを使用して新しいプロジェクトを作成します。

django-admin startproject myproject

サーバの起動 Django開発サーバを起動して、プロジェクトをテストします。

cd myproject
python manage.py runserver

まとめ

これらの手順は基本的な環境構築の例です。プロジェクトによっては、データベース設定、静的ファイルの管理、セキュリティの設定など、追加の設定が必要になる場合があります。

URLをコピーしました!