会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

【GA4】「エンゲージメント」レポートとは?Googleアナリティクスで重要なエンゲージメントの3つの定義

GoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)
この記事は約2分で読めます。

今の時代「SNSやWEBサイトでのエンゲージメント」は重要視されていますが、GA4では「エンゲージメントの定義」が出てきました。

エンゲージメントの定義とは・・・?

エンゲージメントのあったセッションの定義

GoogleアナリティクスのGA4公式ヘルプページによると、エンゲージメント発生の定義は下記の3つのいずれかに該当するセッションとなっています。

  • 10 秒以上継続した
  • 1 件以上のコンバージョンイベントがあった
  • ページビューが 2 回以上あった

レポート画面には「エンゲージメント」という項目があり、「user_engagement」というイベント名でイベントが発生しています。

10 秒以上継続した

ページに訪問して、10秒経過した場合は「エンゲージメント達成」となるようです。例えば、サイトに訪問して、10秒かけてページの最下部までスクロールした(scrollイベント発生)の場合は、エンゲージメント達成ということになります。

1 件以上のコンバージョンイベントがあった

例えば「お問い合わせボタンを押した」「資料をダウンロードした」「予約をした」といった、予めコンバージョンとして設定しておいたイベントを発生させた場合は、10秒以下の滞在でもエンゲージメント達成となるようです。

つまり、定義上は、セッション内で例えば3秒で「ページ訪問」→「コンバージョン達成」→「離脱」・・・となっても、エンゲージメントとなります。

ページビューが 2 回以上あった

これは「次のページに移動した場合」ということになります。

他のページも気になって見てみた…という場合は、少なからずエンゲージメント(愛着)があったとみなされるようです。

こちらはUA時代の、直帰か否か…にあたる見方ですね。

まとめ

GA4では「エンゲージメント」の定義が出てきました。エンゲージメントは大事なポイントのひとつになりますので、ぜひ抑えておきましょう😃

[GA4] エンゲージメント レポート

タイトルとURLをコピーしました