URLをコピーしました!
スキルアップを始める!

GA4のチャネルにあるUnassignedとは?【Googleアナリティクス】

Googleアナリティクス
\ワードプレスのスキルアップはこちら!/ WordPress入門読本

Unassignedとは?

GA4のチャネルにあるUnassignedとは「チャネルの定義に一致しない流入経路」を表すものです。

チャネルは以下のルールで定義されている

GA4では、チャネルを以下のルールで定義しています。

  • Organic Search:Google 検索や Bing 検索などの検索エンジンからの流入
  • Paid Search:Google 広告や Microsoft Advertising などの検索広告からの流入
  • Referral:他のウェブサイトやアプリからの流入
  • Social:ソーシャルメディアからの流入
  • Direct:直接入力やブックマークからの流入
  • Display:ディスプレイ広告からの流入
  • Email:メールからの流入
  • App:アプリからの流入

これらのルールに一致しない流入は、Unassignedとして分類されます。

Unassignedに分類される流入の例

Unassignedに分類される流入の例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 検索エンジンからの流入で、検索キーワードが特定できない場合
  • ソーシャルメディアからの流入で、ソーシャルメディアのプラットフォームが特定できない場合
  • 直接入力やブックマークからの流入で、参照元が特定できない場合
  • ディスプレイ広告からの流入で、広告主が特定できない場合
  • メールからの流入で、メールの送信元が特定できない場合
  • アプリからの流入で、アプリのストアが特定できない場合

Unassignedの割合が多い場合は、チャネルの定義を調整することで、より正確な分析を行うことができるかもしれません。

Unassignedの割合を調べる

Unassignedの割合を調べるには、以下の手順を実行します。

  1. Google アナリティクス 4 の管理画面を開きます。
  2. 左側のメニューから「アクティビティ」をクリックします。
  3. レポートの種類で「チャネル」を選択します。
  4. 「チャネル」列で「Unassigned」をクリックします。

[rml_read_more]

レポートが表示されたら、Unassigned の割合を確認できます。

まとめ

プロパティがアカウントに割り当てられると、そのプロパティのデータがアカウントで利用できるようになります。

Unassigned を割り当てるかどうかは、プロパティのデータを利用したいかどうかで判断するとよいでしょう。

Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら