スキルアップを始める

【API】WEBアプリケーション開発・アプリ開発などに役立つ30個のAPIについて

API(エーピーアイ)
メルマガ購読できます

簡単1ステップ!届いたメールの「フォローを確認」クリックでメルマガ登録!一緒にスキルアップを目指しましょう!

WEBアプリケーション開発・アプリ開発などに役立つ30個のAPI

APIとは、Application Programming Interfaceの略称で、ソフトウェア同士が情報をやり取りするためのインターフェースです。

開発者はAPIを利用することで、自分が作成するアプリケーションに必要な機能を簡単に実装することができます。

今回は、おすすめのAPIをいくつかご紹介します。

Google Maps API

Google Maps API:Googleの地図データを取得して、地図アプリやサービスを作成することができます。

OpenWeatherMap API

OpenWeatherMap API:天気情報を提供するAPIで、天気予報アプリやウェブサイトの開発に役立ちます。

Stripe API

Stripe API:オンライン決済サービスのStripeのAPIで、eコマースサイトやアプリでの決済処理を実装することができます。

[rml_read_more]

Twilio API

Twilio API:SMSや音声通話などの通信機能を提供するAPIで、認証システムや通知機能などに利用できます。

Facebook Graph API

Facebook Graph API:Facebookのデータを取得することができるAPIで、ソーシャルメディアアプリの開発に利用できます。

YouTube Data API

YouTube Data API:YouTubeのデータを取得することができるAPIで、動画共有アプリやサイトの開発に役立ちます。

OpenAI API

OpenAI API:AIに関するAPIで、自然言語処理や機械学習の機能を提供しています。

Twitter API

Twitter API:Twitterのデータを取得することができるAPIで、ソーシャルメディアアプリの開発に利用できます。

Amazon S3 API

Amazon S3 API:Amazon Web ServicesのストレージサービスのAPIで、ファイルのアップロードやダウンロードなどに利用できます。

Google Cloud Vision API

Google Cloud Vision API:Googleの画像解析APIで、画像認識や物体検出などに利用できます。

SendGrid API

SendGrid API:メール送信サービスのSendGridのAPIで、メール送信機能を簡単に実装できます。

Slack API

Slack API:チャットツールのSlackのAPIで、チャットボットや通知機能を作成することができます。

AWS Lambda

AWS Lambda:Amazon Web Servicesのサーバーレスコンピューティングサービスで、サーバーを立てずにプログラムを実行できます。

Firebase API:

Firebase API:Googleのモバイルアプリ開発プラットフォームのAPIで、ユーザー認証やリアルタイムデータベースなどの機能を提供しています。

Microsoft Azure Cognitive Services

Microsoft Azure Cognitive Services:MicrosoftのAI関連のAPIで、自然言語処理や画像解析などの機能を提供しています。

Spotify Web API

Spotify Web API:音楽ストリーミングサービスのSpotifyのAPIで、楽曲情報やプレイリストの作成などに利用できます。

Instagram Graph API

Instagram Graph API:Instagramのデータを取得することができるAPIで、ソーシャルメディアアプリの開発に利用できます。

IBM Watson API

IBM Watson API:IBMのAI関連のAPIで、自然言語処理や音声認識などの機能を提供しています。

Azure Maps API:Microsoftの地図データを取得するAPIで、地図アプリやサービスの開発に役立ちます。

Amazon Rekognition API

Amazon Rekognition API:Amazon Web Servicesの画像解析サービスのAPIで、画像認識や顔認識などの機能を提供しています。

DocuSign API

DocuSign API:電子署名サービスのDocuSignのAPIで、契約書や書類の電子署名を実装することができます。

Trello API

Trello API:タスク管理ツールのTrelloのAPIで、タスクやプロジェクトの管理機能を作成することができます。

AWS Polly

AWS Polly:Amazon Web Servicesの音声合成サービスで、テキストから音声を合成することができます。

OpenAI GPT-3 API

OpenAI GPT-3 API:AIに関するAPIで、自然言語処理や文章生成などの機能を提供しています。

Zoom API

Zoom API:ビデオ会議サービスのZoomのAPIで、ビデオ会議のスケジューリングや参加者管理などができます。

Stripe Billing API

Stripe Billing API:オンライン決済サービスのStripeの課金管理APIで、サブスクリプションの管理機能を実装することができます。

Dropbox API

Dropbox API:クラウドストレージサービスのDropboxのAPIで、ファイルのアップロードやダウンロードなどに利用できます。

IBM Cloud Object Storage

IBM Cloud Object Storage:IBMのオブジェクトストレージサービスのAPIで、大容量のファイルを保存することができます。

Amazon Transcribe API

Amazon Transcribe API:Amazon Web Servicesの音声認識サービスのAPIで、音声データをテキストに変換することができます。

OpenStre

OpenStreetMap API:オープンソースの地図データを取得するAPIで、地図アプリやサービスの開発に役立ちます。

まとめ

APIを利用することで、アプリケーション開発の効率化や機能拡張が可能になります。また、APIの種類はさまざまであり、開発者が自分のアプリケーションに合ったAPIを選ぶことが重要です。

ただし、APIを利用する場合は、利用規約を確認することが必要です。APIの利用には制限や使用料が発生する場合もありますので、注意が必要です。

以上、おすすめのAPIについてご紹介しました。今後も新しいAPIが開発されることが期待されますので、常に最新の情報にアンテナを張っておくことをおすすめします。

Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら