URLをコピーしました!
スキルアップを始める!

会社法とは?会社法の構成・8つの編について

Company(法人)

会社法とは、株式会社や持分会社などの会社を設立し、経営するために必要なルールを定めた法律です。2005年に成立し、2006年5月1日に施行されました。

会社法は、第1編「総則」から第8編「罰則」まで、8つの編で構成されています。

第1編 総則

第1編は、会社法全体に共通する基本的な事項を定めた編です。会社とは何か、株式会社とは何か、会社の設立や解散などのルールが定められています。

第2編 株式会社

第2編は、株式会社に関する規定を定めた編です。株式会社の設立、株式、機関、計算等、定款変更、事業譲渡、解散、清算などのルールが定められています。

第3編 持分会社

第3編は、持分会社に関する規定を定めた編です。持分会社とは、株式会社以外の会社で、合名会社、合資会社、合同会社が含まれます。

持分会社それぞれの設立、持分、機関、計算等、定款変更、事業譲渡、解散、清算などのルールが定められています。

第4編 社債

第4編は、社債に関する規定を定めた編です。社債とは、会社が発行する有価証券で、会社は社債の償還に充てる財産を用意する必要があります。

社債の発行、社債の種類、社債の担保、社債の償還などのルールが定められています。

第5編 組織変更、合併、会社分割、株式交換及び株式移転

第5編は、会社の組織変更に関する規定を定めた編です。組織変更とは、会社の形態や事業内容を変更することです。

合併、会社分割、株式交換、株式移転などの組織変更のルールが定められています。

第6編 外国会社

第6編は、外国会社に関する規定を定めた編です。外国会社とは、外国に本店を置く会社です。

外国会社が日本国内で事業を行う際のルールが定められています。

第7編 雑則

第7編は、会社法の適用範囲や関係法令との調整など、会社法の適用に必要な事項を定めた編です。

第8編 罰則

第8編は、会社法の違反に対する罰則を定めた編です。会社法に違反した会社や役員に対して、罰金や懲役などの罰則が科されます。

まとめ

会社法は、株式会社や持分会社などの会社を設立し、経営するために必要なルールを定めた法律です。

会社法の構成を理解することで、会社法の適用範囲やルールを正しく理解することができます。

会員登録するとご利用できます。
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら