URLをコピーしました!
スキルアップを始める!

【GAS】変数とは?文字列型変数(String)編

GAS(GoogleAppsScript)

文字列型変数とは?

文字列型変数は、テキストデータを格納するために使用され、テキスト処理に非常に便利です。GASで文字列型変数を使用する方法を以下に示します。

1. 文字列の宣言と代入

文字列型変数を宣言し、値を代入する方法です。

var greeting = "こんにちは、世界!";

この例では、greeting という変数に “こんにちは、世界!” という文字列を代入しています。

2. 文字列の結合

複数の文字列を結合する際に文字列型変数が役立ちます。

var firstName = "太郎";
var lastName = "山田";
var fullName = firstName + " " + lastName;

この例では、firstNamelastName の文字列を結合して、fullName に “太郎 山田” という文字列を格納しています。

3. 文字列の操作

文字列型変数を使用して、文字列の長さを取得したり、部分文字列を抽出したりすることができます。

var text = "これはサンプルテキストです。";
var length = text.length; // 文字列の長さを取得
var subString = text.substring(5, 12); // 部分文字列を抽出
Logger.log(subString);


情報	プルテキストで

length 変数には text の文字列の長さが格納され、subString 変数には “サンプル” という部分文字列が格納されます。

4. 文字列の比較

文字列型変数を使用して、文字列同士を比較することができます。

var userPassword = "パスワード123";
var enteredPassword = "パスワード456";

if (userPassword === enteredPassword) {
  Logger.log("パスワードが一致しました。");
} else {
  Logger.log("パスワードが一致しません。");
}

この例では、ユーザーが入力したパスワードを userPassword と比較し、一致しているかどうかを確認しています。

まとめ

文字列型変数は、テキストデータの処理や操作に欠かせないもので、GASを含む多くのプログラムで広く使用されています。

テキストデータの生成、変更、比較、検索などのさまざまな操作に利用できます。

会員登録するとご利用できます。
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら