スキルアップを始める

【GAS】日報管理WEBアプリケーションを作成する(Part1)

GAS(GoogleAppsScript)
メルマガ購読できます

簡単1ステップ!届いたメールの「フォローを確認」クリックでメルマガ登録!一緒にスキルアップを目指しましょう!

57人の購読者に加わりましょう

GAS(Google Apps Script)を使用して日報管理WEBアプリケーションを作成するための手順をご紹介します。

日報管理WEBアプリケーション作成の流れ

Google Driveを開き、新しいスプレッドシートを作成します。

スプレッドシートのメニューから「ツール」→「スクリプトエディタ」を選択します。

スクリプトエディタが開かれたら、以下のコードを入力します。

function doGet() {
  const template = HtmlService.createTemplateFromFile('index');
  return template.evaluate();
}

function processForm(form) {
  const sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  sheet.appendRow([form.date, form.task, form.hours]);
}

これで、WEBページ(index.html)側とデータのやり取りができるようになります。

HTMLファイルを作成する

「ファイル」→「新規作成」→「HTMLファイル」を選択します。

ファイル名を「Index」とし、以下のコードを入力します。

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <base target="_top">
  </head>
  <body>
    <h1>日報管理アプリケーション</h1>
    <form id="myForm">
      日付: <input type="text" name="date"><br>
      業務内容: <input type="text" name="task"><br>
      時間: <input type="text" name="hours"><br>
      <input type="button" value="送信" onclick="processForm()">
    </form>
    <script>
      function processForm() {
        const form = document.getElementById('myForm');
        google.script.run.processForm(form);
        form.reset();
      }
    </script>
  </body>
</html>

HTML側のベースができました。

WEBアプリとしてデプロイする

WEBアプリとしてデプロイします。

デプロイされたURLを開くと、すでにそれっぽい感じのフォームが出来上がっています!

内容を入力して送信をしてみます。

スプレッドシートにデータが反映されました!

index.htmlとコード.gsの解説

    <form id="myForm">
      日付: <input type="text" name="date"><br>
      業務内容: <input type="text" name="task"><br>
      時間: <input type="text" name="hours"><br>
      <input type="button" value="送信" onclick="processForm()">
    </form>
    <script>
      function processForm() {
        const form = document.getElementById('myForm');
        google.script.run.processForm(form);
        form.reset();
      }
    </script>

onclick=”processForm()” : 送信ボタンがクリックされた時に呼び出すJavaScriptの関数を指定するための属性です。

<script>: JavaScriptのコードを指定するための要素です。ここでは、processForm()という関数が定義されています。

getElementById()関数を使用して、myFormというIDを持つフォーム要素を取得し、そのフォームを引数として、google.script.run.processForm()関数を呼び出しています。

function processForm(form) {
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  sheet.appendRow([form.date, form.task, form.hours]);
}

function processForm(form) : processFormという名前の関数を定義しています。引数には、フォームの情報が含まれるオブジェクトが渡されます。

sheet.appendRow([form.date, form.task, form.hours]); : 取得したアクティブなシートに、フォームから取得した日付、業務内容、時間の情報を一行として追加しています。appendRowメソッドは、指定されたデータを新しい行として最後尾に追加するために使用されます。

この関数を呼び出すために、HTMLの<script>タグ内でgoogle.script.run.processForm()関数が使用されています。この関数を使用することで、HTMLのフォームから送信されたデータを処理するために、Google Apps Scriptの関数が呼び出されます。

まとめ

これで、スプレッドシートに送信できる、シンプルな日報管理システムができました。次回は、こちらのフォームをカスタマイズしていきます。

会員登録するとご利用できます。
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら