スキルアップを始める

予約管理システムのデータベース構造(参考例)

Database(データベース)
メルマガ購読できます

簡単1ステップ!届いたメールの「フォローを確認」クリックでメルマガ登録!一緒にスキルアップを目指しましょう!

57人の購読者に加わりましょう

予約管理システムのデータベース構造(参考例)

予約管理システムのデータベース構造は、システムの要件によって異なりますが、一般的な要素やテーブル構造の例です。

この例は、簡単な予約管理の機能を備えたデータベース構造です。データベース管理システムには、MySQLやPostgreSQLなどが使われることが一般的です。

顧客 (Customers) テーブル

顧客に関する情報を保存します。

  • customer_id (主キー)
  • first_name
  • last_name
  • email
  • 他に必要な情報
CREATE TABLE Customers (
  customer_id INT PRIMARY KEY AUTO_INCREMENT,
  first_name VARCHAR(50),
  last_name VARCHAR(50),
  email VARCHAR(100),
  -- 他のカラム
);

サービス (Services) テーブル

提供されるサービスに関する情報を保存します。

  • service_id (主キー)
  • service_name
  • description
  • price
  • 他に必要な情報
CREATE TABLE Services (
  service_id INT PRIMARY KEY AUTO_INCREMENT,
  service_name VARCHAR(100),
  description TEXT,
  price DECIMAL(10, 2),
  -- 他のカラム
);

予約 (Appointments) テーブル

予約に関する情報を保存します。予約は特定の顧客に関連付けられ、予約されるサービスも関連づけられます。

  • appointment_id (主キー)
  • customer_id (外部キー)
  • service_id (外部キー)
  • appointment_date
  • status (予約のステータス – 予約済み、キャンセルなど)
  • 他に必要な情報
CREATE TABLE Appointments (
  appointment_id INT PRIMARY KEY AUTO_INCREMENT,
  customer_id INT,
  service_id INT,
  appointment_date DATETIME,
  status VARCHAR(20),
  FOREIGN KEY (customer_id) REFERENCES Customers(customer_id),
  FOREIGN KEY (service_id) REFERENCES Services(service_id)
  -- 他のカラム
);

まとめ

この例では、CustomersServices、および Appointments の3つの主要なテーブルを使用しています。これらのテーブルはそれぞれ、顧客情報、提供されるサービス情報、および予約情報を格納します。

各予約は特定の顧客に対応し、特定のサービスを提供します。必要に応じて、他のテーブルやカラムを追加してシステムの要件を満たすように調整できます。

会員登録するとご利用できます。
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら