WordPressのスキルアップはこちら!▶[click]
スキルアップはこちらから!

こちらのサイトを「ブックマーク」しておくと便利です!今このページを見ている方はきっと何か検索されたのかと思います。見ている方も一緒にスキルアップして未来を変えましょう!スキルアップはこの先にお進みください!
次は…あなたが価値を作る時!

スキルアップはこちらをクリック!

【Excel】定員が決まっている授業を生徒へ第5希望までを取って各限目ごとに自動的に割り振ってみる[PART3]COUNTIF

Excel(エクセル)
この記事は約2分で読めます。
スキルアップで未来を変える!!
情熱があれば【誰でも】挑戦できます!
ここからSTART↓

定員オーバーしている学科は残数0で締め切らないといけないので、優先順位1~から見ていって、残数0になった時点で締め切ります。

例えば、国語の場合は3名で締め切りなので、最後の1名は参加できません。

まずは、残数の列にこの引き算を作り出したいと思います。

最初の列は、ひとまず「定員から1を引く」で良いかと思います。

問題は2行目以降です。

考え方は色々あるかと思いますが・・・

例えば「列を上から数えていき、一致する数を調べて、定員から引く」という方法も良いかと思います。

「左の科目と一致する数を上から検索していき、定員から引く」

しかし、このままオートフィルをすると、数値がおかしな状態になります。

これは、COUNTIFの範囲が「上のセルと左のセル」という範囲のため、そのまま参照されているためです。

上のセルしか範囲に含まれていない

ですので、範囲の上の位置を固定します。

COUNTIFの左側の範囲を絶対参照($マーク)にする。

オートフィルします。

こうすれば、先頭の行範囲は固定されるので、オートフィルを行ったときに、期待した範囲選択となります。

他の行も同様に設定をしていきます。

残数が右の定員表と一致していることが分かります。

「ワードプレスで未来を変える!」
【未経験挑戦可!】スキルアップしたい!WordPressに挑戦したい!何かに挑戦して人生を変えたい!!という方をお待ちしています↓↓
Excel(エクセル)
EGUWEB
タイトルとURLをコピーしました