WordPressのスキルアップはこちら!▶[click]
スキルアップはこちらから!

こちらのサイトを「ブックマーク」しておくと便利です!今このページを見ている方はきっと何か検索されたのかと思います。見ている方も一緒にスキルアップして未来を変えましょう!スキルアップはこの先にお進みください!
次は…あなたが価値を作る時!

スキルアップはこちらをクリック!

【EXCEL(エクセル)】レーダーチャート作成|見栄えのする見やすいグラフを作ろう!表とグラフ作成入門

Excel(エクセル)
この記事は約2分で読めます。
スキルアップで未来を変える!!
情熱があれば【誰でも】挑戦できます!
ここからSTART↓

EXCEL(エクセル)のグラフといえば「棒グラフ」や「折れ線グラフ」が一般的かと思いますが、他にも様々なグラフがあります。

その中のひとつ「レーダーチャート」を使うと、項目が複数ある場合の項目同士の比較であったり、それぞれのバランスを見やすくグラフ化することができるようになります。

レーダーチャートを作成

まずはレーダーチャートの元になる表を作成します。例えば、下記のような表を見ただけだと誰が何の数値が高いか?などが見辛いので、レーダーチャートにグラフ化してまとめてみます。

グラフを作成したら、右側の筆のようなアイコンにマウスを合わせると、グラフのスタイルを変更することができます。

レーダーチャートの構成

プロットエリア

レーダーチャート部分の領域のことです。

グラフタイトル

グラフのタイトル部分です。タイトルを変更したい場合は、タイトル部分をクリックするとテキストを修正することができます。

データ系列

データが表示されているカラフルな線の部分です。

値軸

データ系列の数値です。

項目ラベル

何のステータスなのかがグラフの外側に表示されます。

凡例

誰の(どの)データなのか?が分かるように、誰に色分けされた色なのかが一覧で表示されている部分です。

まとめ

という感じで、EXCELの「レーダーチャート」作成機能を使うと、とても簡単にレーダーチャートを作ることができます!

ご参考下さい😃

「ワードプレスで未来を変える!」
【未経験挑戦可!】スキルアップしたい!WordPressに挑戦したい!何かに挑戦して人生を変えたい!!という方をお待ちしています↓↓
Excel(エクセル)
EGUWEB
タイトルとURLをコピーしました